飼い犬を閉じ込め、えさを与えず?虐待容疑で男を逮捕

(画像は本文と関係ありません)
(画像は本文と関係ありません)
 飼っていた犬を建物内に閉じ込め、えさを与えないなどの虐待行為をしたとして、岐阜県警大垣署は11日、住居不定、アルバイトの男(68)を動物愛護法違反と県動物愛護条例違反の疑いで逮捕し、発表した。「閉じ込めてはいない」などと容疑を一部否認しているという。
 
 署によると、男は、今年1月下旬から2月15日までの間に、大垣市の建物に飼い犬2匹を閉じ込め、えさや水を与えず虐待したほか、2月14日には県西濃保健所の立ち入り検査を拒否した疑いがある。

 昨年11月、同保健所が立ち入り検査をした際、30匹近くの犬を確認したが、2月15日に警察が捜索した時には2匹しかおらず、屋内には約20匹分の犬の骨が散乱し、排泄(はいせつ)物が堆積(たいせき)していたという。

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。
Follow Us!
sippo編集部おすすめの記事をメールでお届け!
会員登録すると、獣医師への相談など会員限定の
サービスも受けられます。