自宅で猫を殺した疑いで逮捕 県嘱託職員を懲戒処分

(画像は本文と関係ありません)

 自宅で猫を殺したなどとして動物愛護法違反などの疑いで逮捕された20代の奈良県の男性嘱託職員について、県は20日、停職1カ月の懲戒処分とし、発表した。職員は同日、依願退職した。

 県によると、職員は猫を殺したなどとして県警に逮捕された。刑事責任能力を調べるため、鑑定留置中という。

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

「めざせ20歳!」大人気!服部先生のsippo猫塾、5月スタート

「猫の食事」、「老猫の看取り」などの厳選されたテーマを、「東京猫医療センター」院長の服部幸獣医師から毎月1回、東京・築地で学びます。愛猫が20歳まで生きることを目指して、飼い主として何ができるのか、ぜひこの機会に学んでみませんか。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。