ペット用予防薬、無許可で販売 獣医師「経営苦しく…」

(写真は本文と関係ありません)
(写真は本文と関係ありません)

 犬や猫が感染する寄生虫病「フィラリア症」の予防薬を、診察せずに郵送で違法販売したとして、大阪府警は6日、同府東大阪市の男性獣医師(48)を獣医師法違反と医薬品医療機器法違反(無許可販売)の疑いで書類送検した。捜査関係者への取材でわかった。府の行政指導を受けたにもかかわらず販売を再開しており、府警は悪質と判断した。

 捜査関係者によると、獣医師は昨年3月以降、診察をすることなく、府の許可も得ずにフィラリア症の予防薬54錠を5人の客に計約3万1千円で販売した疑いがある。任意の事情聴取に「動物病院の経営が苦しかった。もうけたかった」と容疑を認めているという。全国の飼い主に違法販売を繰り返したとされ、少なくとも十数万円の売り上げがあったとみられる。

 獣医師はインターネットのサイトで「激安通販 フィラリア予防薬」などとうたい、購入者には宅配便で送っていた。府が2016年7月ごろ、獣医師に販売をやめるように行政指導してサイトは閉鎖されたが、昨年3月から以前に販売したことがある客に「ご愛顧いただいた方限定に、予防薬を激安で提供します」「通常の55%OFF」などとメールを送り、再び購入を呼びかけていたという。

 府警は昨年9月、獣医師が経営する動物病院を医薬品医療機器法違反容疑で家宅捜索。同月、獣医師は朝日新聞の取材に「何も話せない」としていた。

診察なし、死のリスク

 フィラリア症の予防薬は、犬や猫の体調によっては激しいアレルギー反応が起きて死に至ることもある。そのため、獣医師の診察を受けないと処方できない「要指示医薬品」に指定されている。

 日本小動物獣医師会の林健一副会長によると、今回販売された予防薬のうち、体重5キロ前後のペットに使うものは仕入れ価格が1錠数十円程度。自由診療のため動物病院によって値段設定が違うが、獣医師から診察を受けて処方してもらうと、診察料や検査料を含めて6錠(半年分)で5千円ほどになるという。

 大阪府獣医師会の佐伯潤会長は「予防薬は毎年必要になるので安い価格で手に入れたいという飼い主のニーズもある」とする一方、「しっかりとペットの状態を確認しないと、ショック症状で、最悪の場合は死ぬこともある」と指摘する。

(遠藤隆史、吉村治彦)

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

参加者募集! ペットロスが心配な方へ、今から学ぶグリーフケア

ペットを病気にしない過ごし方や、ペットロスを乗り越えるために必要な飼い主の心構えなどを学びます。ペットが生きているうちからグリーフケアを学び、幸せなペットライフを送りましょう!

イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!