駅限定にゃんこスター 「にゃっぽりどら焼き」は張り込みの味

にゃっぽりどら焼き@JR日暮里駅
にゃっぽりどら焼き@JR日暮里駅

 2月22日は「にゃんにゃんにゃん」で猫の日だった。なので、駅員さんが猫をモチーフにして考案した人気キャラ「にゃっぽり」を擁するJR日暮里駅(東京都荒川区)では、同月15日から28日まで、改札内のエキュート限定の「にゃっぽり」商品が販売されていた。「にゃっぽりもなか」「にゃっぽりロール(ケーキ)」「にゃっぽりまんま(おにぎり)」等々。報告が遅れてすみません。

 だが、エキナカには通年で買える「にゃっぽり」食べテツ商品もちゃんとある。キオスクで売られている「にゃっぽりどら焼き」(150円)だ。

 キオスクの店先の棚に大量に並べられていたどら焼きには、にゃっぽりがトランクを持ち、いざ旅立たんとする姿の焼き印が押されている。製造元は、千葉県香取市の「ほていや」。焼き印は手作業らしく、結構いろんな押され方をされている。

 肉厚で、「もそっ」と「しとっ」の中間の食感の、ごく普通の皮の間には、甘さがくどすぎない粒あんがはさまれている。「牛乳と一緒に買って、張り込みのお供にするのもいいな!」と思いました。

(食べテツ評論家・荷宮和子)

朝日新聞
朝日新聞の媒体に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

よくある猫の嘔吐。しっかり学んで、受診の判断を見極めよう

「まなびばsippo」では、わかりやすいオンライン講義で、嘔吐など、猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。たくさんの講義が見放題で、毎月のライブで質問もできる月額会員がオススメ。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。