犬や猫などペットの飼育、神戸の市営住宅で禁止へ

(画像は本文と関係ありません)
(画像は本文と関係ありません)

 神戸市営住宅で犬や猫といった特定のペットの飼育を禁止する条例改正案が、20日に開会した市議会2月議会に提出された。来月28日に議決される予定。


 市営住宅条例の改正案では犬と猫のほか、鳴き声や臭気を発する動物▽人を怖がらせる動物▽人に危害を加えるおそれがある動物を飼うことを禁じる。身体障害者を助ける補助犬は対象から除かれる。


 市によると、市営住宅の借り主が入居時に提出する誓約書には、現在もペットの飼育禁止が明記されている。それでもペットを飼う人はおり、悪臭や鳴き声でトラブルになる例がある。昨年4月には、50匹以上の猫を飼っていた女性が強制退去処分になった。


 飼育禁止の対象になる動物かどうかは入居時に個別に判断する。現在飼われているペットが該当する場合は、飼い主に譲渡先を探すことなどを求める。


(岩田恵実)

 

<関連記事>

市営住宅に猫53匹放置、多頭飼育崩壊 1千万円請求を検討

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

病院が苦手なネコも、健康のために定期的に動物病院で受診しましょう。Instagramで動物病院の写真投稿を募集中!投稿1件につき100円を不幸な猫のために寄付します。

イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!


動物病院検索

sippoの独自調査により、不妊手術や予防接種等の料金、夜間対応やしつけ指導などの詳細情報を無料で検索できます。