猫を多頭飼育、汚物を処理せず虐待か 自称デザイナー再逮捕

(画像は本文と関係ありません)
(画像は本文と関係ありません)

 飼育している猫の世話をせず、虐待したとして神奈川県警麻生署は19日、住所不定の自称デザイナー堀口妙子容疑者(62)を動物愛護法違反(虐待)の疑いで再逮捕し、発表した。「猫を飼ったのは間違いないが、虐待はしていない」と否認しているという。


 署によると、昨年12月26日、神奈川県川崎市麻生区のマンションの一室で、汚物の処理などをしないまま、不衛生な環境で猫23匹を飼い、虐待した疑いがある。


 堀口容疑者は同マンションに入居した2015年1月ごろに拾ってきた猫を飼い始めたとみられ、16年1月ごろから臭いなどの苦情がマンションのオーナーに寄せられるようになったという。


 同市の動物愛護センター(高津区蟹ケ谷)によると、昨年12月に同マンションに保護のため立ち入った際、現場にいた24匹のうち1匹は亡くなっていて、やせていたり、下痢をしたりする猫もいたという。


 堀口容疑者は今年1月に保護された猫を取り返そうと同センター内に侵入したとして、建造物侵入の疑いで高津署に逮捕され、同罪で起訴されている。



朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。
イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!