「忠犬ハチ公」がつなぐ市民の縁 故郷の秋田から交流ツアー

上野博士とハチ公の像を訪れ、前葉泰幸・津市長(左端)から説明を受ける秋田県大館市の関係者=三重県津市の久居駅前
上野博士とハチ公の像を訪れ、前葉泰幸・津市長(左端)から説明を受ける秋田県大館市の関係者=三重県津市の久居駅前

 忠犬ハチ公と飼い主の上野英三郎博士(1871~1925)の銅像がある三重県津市久居駅前に2月16日、ハチ公の故郷・秋田県大館市民らのツアーが訪れた。市民らはハチ公像の足をいとおしそうになでたり、写真に収めたり。久居地区は上野博士の出身地で、今後も両市で交流を深めたいという。


 ツアーは大館能代空港(北秋田市)の利用促進協議会が企画し、福原淳嗣・大館市長や市民ら28人が参加。16日午後5時ごろ像の前に到着した一行は、前葉泰幸・津市長や建立に関わった多田滋郎さん(84)らに像の由来を聞いた。大館市の安部笑美子さん(65)は「(像の)ハチ公が博士をちゃんと見ていて、絆を思い出したらじーんときた」と感慨深げに話した。


 上野博士は旧東京帝国大(東京大)教授で、飼い犬のハチ公は死後も約10年間、渋谷駅(東京)で博士を待ち続けた。ハチ公像は渋谷駅前や大館市など数カ所にある。


 久居駅前にも2012年に像が建立され、当時の大館市長らが訪問。15年には津商工会議所の関係者が大館市を訪れており、この日は岡本直之会頭も駆けつけて一行を歓迎した。


 上野博士の孫の一人さん(80)は「東北で地震があると大館はどうなんだろうと心配になる。(両市が)自然に親しい間柄になってきた」と話し、ハチ公と博士の絵を参加者らに贈った。大館市の福原市長は「今年は戌(いぬ)年。津、大館、渋谷の縁をさらにつないでアピールしていきたい」と意気込んでいた。


(高木文子)

 

<関連記事>

「忠犬ハチ公」の飼い主、上野博士の帽子がなくなった?! 不明騒ぎで警察に盗難届、実は……

「忠犬」と人の物語に魅せられて…全国の犬像を撮影する写真家

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

参加者募集! ペットロスが心配な方へ、今から学ぶグリーフケア

ペットを病気にしない過ごし方や、ペットロスを乗り越えるために必要な飼い主の心構えなどを学びます。ペットが生きているうちからグリーフケアを学び、幸せなペットライフを送りましょう!

イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。