イヌ派もネコ派も!絵本の貸出どっちが多い? 図書館で対決

選んだ絵本を持つ久保佐織ちゃん(右)と璃紗ちゃん=群馬県立図書館
選んだ絵本を持つ久保佐織ちゃん(右)と璃紗ちゃん=群馬県立図書館

 ネコとイヌを題材にした絵本を集め、それぞれの貸出冊数を競う企画展が、2月6日まで群馬県立図書館(前橋市日吉町1丁目)で開かれている。昨年に続き2度目の企画で、昨年はネコ122冊、イヌ103冊とネコ人気がわずかに上回った。


 企画展では「ねこのピート」や「さいごのこいぬ」など職員が選んだネコ、イヌそれぞれ60冊ほどの絵本を並べている。用意した本が貸し出されると、書庫から新たに選んで追加している。今回の企画展は1月5日に始まり、25日までではイヌ126冊、ネコ95冊とイヌがリードしている。


 前橋市から母の久保美帆さん、妹の璃紗ちゃん(3)と一緒に訪れた佐織ちゃん(7)は「イヌの方が好き」とイヌの絵本を選んでいた。


 図書館の山本章子副主幹は「新作絵本の世界では、ネコは気まま、イヌは忠実という固定的なイメージではありません。イヌ派もネコ派も絵本の世界を楽しんで欲しい」と話している。

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

参加者募集! ペットロスが心配な方へ、今から学ぶグリーフケア

ペットを病気にしない過ごし方や、ペットロスを乗り越えるために必要な飼い主の心構えなどを学びます。ペットが生きているうちからグリーフケアを学び、幸せなペットライフを送りましょう!

イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!