猫を殺した疑い、県嘱託職員を再逮捕 「私の暴力で死なせた」

(画像は本文と関係ありません)
(画像は本文と関係ありません)

 猫の死体を捨てたとして、奈良市西大寺東町1丁目の県嘱託職員、渡辺将隼(まさたか)容疑者(25)が逮捕された事件で、奈良県警奈良西署は12日、猫を殺したとして、渡辺容疑者を動物愛護法違反(愛護動物の殺傷)の疑いで再逮捕し、発表した。「私の暴力が原因で猫を死なせてしまった」などと容疑を認めているという。


 署によると、渡辺容疑者は1日ごろ、自宅で猫1匹を殺した疑いがある。西大寺東町1丁目の公園に猫の死体を捨てたとして2日に廃棄物処理法違反の疑いで現行犯逮捕され、処分保留で釈放された。


 7月以降、近辺で不審な死に方をした猫が相次いで見つかっており、署は関連を調べている。


<関連記事>
猫の死骸を捨てた男を現行犯逮捕 周辺で猫の不審死、相次ぐ

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

参加者募集 「めざせ20歳!服部幸先生の猫塾」大阪で開催

猫の飼い主さんなら是非知っておきたい、自宅でできる健康管理の方法や、気をつけるべき数値を学びます。正しい知識を身につけて、20歳を目指しましょう!

イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!