「忠犬ハチ公」の飼い主の帽子が盗難? 警察に被害届…実は

帽子をかぶった上野博士とハチ公の銅像=昨年2月、多田さん提供
帽子をかぶった上野博士とハチ公の銅像=昨年2月、多田さん提供

 上野博士の帽子はどこに? 忠犬ハチ公の銅像と並んで津市の久居駅前に立つ上野英三郎博士(1871~1925)の銅像から、帽子がなくなる騒ぎがあった。建立にかかわった関係者が警察に盗難届を出す事態になったが……。


 ハチ公の飼い主だった上野博士は津市久居地区出身。銅像は民間の寄付を集めて、2012年に設置された。当初は帽子がなかったが、15年2月に誰かが暖かそうな布の帽子をかぶせて話題になり、同年末に像の制作者が手がけた帽子がかぶせられた。市によると、帽子は繊維強化プラスチック(FRP)製。


 市の職員が帽子がなくなっているのに気付き、6月29日、建立に関わった多田滋郎さん(84)に連絡。多田さんは津南署に被害届を提出し、気をもんでいた。


 ところが、市によると、帽子の紛失は職員の勘違いで、半月前の6月14日に「帽子が取れている」と市に連絡が入っていた。職員が駆けつけると、帽子はハチ公の頭にかぶせられていたという。職員が持ち帰り、周辺で清掃活動などをしている「上野英三郎博士とハチ公の銅像を守る会」に連絡。翌日に同会の関係者が引き取ったという。


 多田さんは「帽子が出てきて何より」とほっとした様子。上野博士の孫で「守る会」の上野一人(かずと)さん(79)は「帽子を今後どうするか、会員の意見を聞いていきたい」と話した。


(高木文子)

 

ハチ公に帽子がかぶせられているのを津市職員が確認した=6月14日、同市提供
ハチ公に帽子がかぶせられているのを津市職員が確認した=6月14日、同市提供
帽子をかぶっていない上野博士とハチ公の銅像=津市の久居駅前
帽子をかぶっていない上野博士とハチ公の銅像=津市の久居駅前

<関連記事>

ハチ公も「お母さんといっしょ」 上野博士の墓に妻の遺骨が合葬、隣はハチの碑

ハチ公、90年ぶり主人と会えた 東大にブロンズ像

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

sippoの投稿企画リニューアル! あなたとペットのストーリー教えてください

「sippoストーリー」は、みなさまの投稿でつくるコーナーです。飼い主さんだけが知っている、ペットとのとっておきのストーリーを、かわいい写真とともにご紹介します!

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。