定年の麻薬探知犬に感謝状 引き取られ、第二の「人生」へ

退役した麻薬探知犬バリーと、引き取った中西勝洋さん、房枝さん夫妻。左端はハンドラーの松江秀磨さん=鹿児島県霧島市
退役した麻薬探知犬バリーと、引き取った中西勝洋さん、房枝さん夫妻。左端はハンドラーの松江秀磨さん=鹿児島県霧島市

 長崎税関管内で約7年間にわたって麻薬取り締まりに活躍した麻薬探知犬「バリー号」が、15日に退役した。鹿児島県霧島市の鹿児島税関支署鹿児島空港出張所で22日に感謝状が贈られたバリー号は、姶良市の会社員、中西勝洋さん(52)に引き取られ、第二の「人生」を送るという。


 バリー号はオスのジャーマン・シェパードで、2010年9月に長崎税関に配備された。霧島市溝辺町にある麻薬探知犬管理センターを拠点に管内の空港や港に派遣され、旅客や輸出入貨物の検査に従事。学校での薬物乱用防止の啓発活動のデモンストレーションでも活躍したという。


 同税関の七條秀徳・上席監視官によると、バリー号はシェパードとしてはやさしい性格で、「楽しみながらひたむきに仕事をするタイプ」。今月15日に8歳になったばかりだが、人間で言うと50歳前後。臭覚などが衰え始める年齢で、「『定年退職』を迎えた。7年間、よくがんばってくれた」とねぎらった。


 ハンドラーとして1年目のこの1年、バリー号と組んで活動した松江秀磨さん(23)も「バリーからいろいろ教わった。本当にかわいいシェパードです」と別れを惜しんだ。


 バリー号をもらい受けた中西さんは、3月に仕事で鹿児島空港出張所を訪れた際、バリー号の引き取り手を募集するチラシを見た。チラシに載っていたバリー号のりりしい表情と優しそうな目に引かれ、引き取ろうと決めたという。


 中西さんは妻の房枝さん(55)と長女の3人家族で、ウサギとラブラドルレトリバーも飼っている。中西さんは「この日が待ち遠しかった。運動不足にならないよう散歩をしっかりさせたい。家族が6人になってうれしい」と語った。


(大久保忠夫)

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

sippoの投稿企画リニューアル! あなたとペットのストーリー教えてください

「sippoストーリー」は、みなさまの投稿でつくるコーナーです。飼い主さんだけが知っている、ペットとのとっておきのストーリーを、かわいい写真とともにご紹介します!

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。