愛護センターの保護犬3頭からパルボウイルス 感染の可能性

(写真は本文と関係ありません)
(写真は本文と関係ありません)

 熊本県は19日、動物愛護センター(熊本市東区)で保護している犬3頭からパルボウイルスを検出したと発表した。感染した犬が死に至る伝染病のため、3頭を安楽死処分にした。


 県によると、18日に犬1頭が血便をしたのを確認。同じ犬舎の18頭を簡易検査したところ、オス2頭、メス1頭でウイルスが検出された。残り15頭は経過を見ながら対応する。感染が蔓延(まんえん)している可能性があるといい、21日に同センターで予定していた犬と猫の譲渡会の中止を決めた。


 同センターは4月、犬や猫の殺処分業務を担ってきた県動物管理センターから名称を変更し、殺処分ゼロなどに向けて、態勢を強化していた。


(大畑滋生)

朝日新聞
朝日新聞の媒体に掲載されたおすすめの記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

sippoの投稿企画リニューアル! あなたとペットのストーリー教えてください

「sippoストーリー」は、みなさまの投稿でつくるコーナーです。飼い主さんだけが知っている、ペットとのとっておきのストーリーを、かわいい写真とともにご紹介します!

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。