りりしい秋田犬、170頭勢ぞろい ハチ公の故郷・大館

審査を受ける秋田犬=秋田県大館市の桂城公園
審査を受ける秋田犬=秋田県大館市の桂城公園

 秋田犬発祥の地、秋田県大館市の桂城公園で3日、国内最高峰の秋田犬イベント第136回本部展が開かれ、海外の3頭を含む約170頭が参加した。公益社団法人秋田犬保存会(遠藤敬会長)の主催。


(末尾に写真特集があります)


 7人の審査員が犬たちの体形や歯並び、毛色、毛のつやなどを審査をした結果、大阪府の松嶋善久さんの「涛掟(とうじょう)」などが名誉章に輝いた。審査の合間には、第133回本部展で名誉章に輝いた「乱心女(らんしんめ)」が参考招待犬として堂々とした姿を見せた。昨年11月5日~今年2月4日に生まれた子犬たちも披露された。


 来場した人たちは、「かわいい」「りりしい」などと言いながら、出場したり、公園でくつろいだりしている秋田犬を撮影していた。


(村山恵二)

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

sippoの投稿企画リニューアル! あなたとペットのストーリー教えてください

「sippoストーリー」は、みなさまの投稿でつくるコーナーです。飼い主さんだけが知っている、ペットとのとっておきのストーリーを、かわいい写真とともにご紹介します!

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。