犬猫の殺処分、3年連続ゼロ 県知事「ボランティアに感謝」

(写真は本文と関係ありません)
(写真は本文と関係ありません)

 神奈川県は25日、平塚市の県動物保護センターに預けられた犬や猫の殺処分が2016年度はゼロだったと発表した。3年連続でゼロを達成し、黒岩祐治知事は定例会見で、「譲渡に貢献頂いているボランティアに感謝したい」と述べた。


 16年度にセンターで収容した犬は399匹、猫は637匹。微減傾向だが15年度に続き、計1千匹を超えた。このうち犬155匹と猫560匹はボランティアに譲り渡した。残りは飼い主の元に戻ったり、センターで死んだりしたという。


 県はセンターの建て替え費用約11億円を寄付で賄う計画を進めるが、今月21日現在で約1億6千万円にとどまっているという。

 

建て替えが予定されている平塚市の県動物保護センター=神奈川県提供
建て替えが予定されている平塚市の県動物保護センター=神奈川県提供
朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

sippoの投稿企画リニューアル! あなたとペットのストーリー教えてください

「sippoストーリー」は、みなさまの投稿でつくるコーナーです。飼い主さんだけが知っている、ペットとのとっておきのストーリーを、かわいい写真とともにご紹介します!

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。