世界一有名なビーグル犬、スヌーピーで歌い踊る

赤い屋根のセットの上で。スヌーピー役の中川晃教(左)と演出の小林香
赤い屋根のセットの上で。スヌーピー役の中川晃教(左)と演出の小林香

 演劇界の賞を総なめにするミュージカル界のスター・中川晃教が今恋するのは、スヌーピー。「きみはいい人、チャーリー・ブラウン」で、世界で最も有名なビーグル犬を演じる。


 50年前にオフ・ブロードウェーで生まれたミュージカル。エピソードが舞台上で次々と登場し、原作者シュルツが描いた四コマ漫画の世界観を表現する。


「七色以上の表現ができると思うんです」と中川。「愛嬌(あいきょう)があるのにやさぐれている。誰かの顔が曇っているのを見つつも、ご飯のことを考えているかもしれない。せりふで感情を表現するだけではない。だって犬だから」


 スヌーピーをはじめ、チャーリー・ブラウン以外のキャラクターは思いのままに生き、本音を隠さない。

 

 演出の小林香は「茶わん蒸しみたいな関係。しいたけ、ゆりね、それぞれの素材が好きな形でごろごろ入っているのに、卵のチャーリーがみんなをまとめておいしくなる」と笑う。


「人間の善良さ、グッドハートが土台にあって、信頼しているから考えを表現できる。今、とばっちりを受けないように立ち止まることが多いですよね。SNSも炎上しますし」


 中川も大きくうなずく。「例えば、飲み会帰りの上司が会社にアイスを買ってくるとちょっとうれしい。グッドハートは人を幸せにする。人はどちらの立場にもなれるんです」。さて、中川スヌーピーはどんな優しさを見せてくれるのか。


 9~25日、東京・日比谷のシアタークリエ。村井良大ら出演。脚本・音楽・詞はクラーク・ゲスナー。1万800円。


(江戸川夏樹)

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

sippoの投稿企画リニューアル! あなたとペットのストーリー教えてください

「sippoストーリー」は、みなさまの投稿でつくるコーナーです。飼い主さんだけが知っている、ペットとのとっておきのストーリーを、かわいい写真とともにご紹介します!

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。