ラブラドルの「きな子」死去 警察犬試験6回失敗、映画にも

キャンペーンに参加した「きな子」=2010年、高松市
キャンペーンに参加した「きな子」=2010年、高松市

 不合格を重ねながらも警察犬の試験に挑戦する姿が評判になったラブラドルレトリバーの「きな子」(メス・14歳)が3月20日午後5時ごろ、香川県の丸亀警察犬訓練所で死んだ。眠るような最期だったという。


 きな子は2004年から6年連続で警察犬の試験に失敗。それでも奮闘する様子が評判を呼び、映画も作られた。映画公開の10年には、トップの成績で合格、嘱託警察犬になった。引退後もキャンペーンなどで活躍し、昨年には「安全・安心まちづくり教育隊」の名誉特別隊員に指定された。


 きな子の世話をしてきた同訓練所の亀山篤志さん(30)は「『長い間、ありがとう』と言いたい。警察犬や香川の知名度をあげるのに貢献してくれた」と話した。

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

参加者募集! ペットロスが心配な方へ、今から学ぶグリーフケア

ペットを病気にしない過ごし方や、ペットロスを乗り越えるために必要な飼い主の心構えなどを学びます。ペットが生きているうちからグリーフケアを学び、幸せなペットライフを送りましょう!

イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。