ペットの「そっくり人形」を手作り 姿いきいき

江頭由紀子さんが作った犬、猫の人形=佐賀市
江頭由紀子さんが作った犬、猫の人形=佐賀市

 今にも動き出しそうな犬、猫。実は人形だ。「ペットが死んで寂しい」。飼い主からの依頼を受け、佐賀市の女性が、本物そっくりに作っている。


 愛くるしい目で、こちらを見てくる犬。やさしく癒やしてくれる。長い毛、短い毛、くるくるっとした毛。今にもワン、ワンとほえてきそうだ。


 作っているのは佐賀市高木瀬町長瀬、江頭由紀子さん(67)。「犬が死んで寂しくてどうしようもない、と言って頼んできます。犬が高齢になったと頼んでくる人もいます」


 人のそっくり人形作りに取り組む「ほのぼの創作布人形工房」(佐賀市)の江口美千代さん(70)は姉。この工房へ、犬のそっくり人形の依頼があり、江頭さんが挑むことになった。2010年のことだ。


 重要なのは写真。(1)顔の正面(2)鼻の長さの分かる横顔(3)尻尾まで分かる全身。そういった写真を見ながら型紙に形をとる。それを元に、断熱材にも使われる素材を削っていき、粘土をつけて乾かす。


 毛のついた布を貼り付けて、写真の通りに、はさみで切りそろえて色つけ。仕上がるのに2カ月ほどかかる。


 これまでに作ったのは40匹以上。等身大のゴールデンレトリバーは、座った姿勢で高さ80センチ。毛足が長いため、専門業者から取り寄せたという。


 同じ犬で座ったり、立ったり、四つの姿勢を頼んできた人。犬に続いてウサギの人形を頼んできた人も。人形を受け取り涙を流した若い女性もいたという。

犬の人形は、写真に写った犬(左下)そっくり=江頭由紀子さん提供
犬の人形は、写真に写った犬(左下)そっくり=江頭由紀子さん提供

 江頭さんは、物心ついたら犬が自宅にいて遊んでいたという。7年ほど前、飼い犬が死んだ後は、孫にアレルギーがあるため飼っていない。それまでは犬がずっとそばにいて、犬は「子ども」という存在。天国であえるのを楽しみにしているという。ちりめん人形、球体関節人形を習い、作ってきたことが基礎にある。


 猫は昨年、依頼を受けて初めて作った。


 高さ約30センチ、長さ約40センチで5万円ほど。大きさ、毛の種類や長さによって金額は変わる。


(祝迫勝之)

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

sippoの投稿企画リニューアル! あなたとペットのストーリー教えてください

「sippoストーリー」は、みなさまの投稿でつくるコーナーです。飼い主さんだけが知っている、ペットとのとっておきのストーリーを、かわいい写真とともにご紹介します!

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。