せっかく二人でいるなら、少しの思いやり大切に 「夜廻り猫」

 作者の深谷かほるさんは、「余計なお世話ながら、ご夫婦には仲良くしていてほしいな、と思うことがあります」と話します。


 とくに深谷さんが気になるのは、パートナーの片方だけが気を使って笑っていて、もう片方は相手が傷つくようなことをする場面に居合わせてしまったとき。「仲良くしようよ! と心の中で叫んでしまいます」


 布団をかけるといったほんの少しのことでも、してもらえればうれしいもの。「せっかく一緒にいる存在なら、思いやってほしい」との願いを込めました。

深谷かほる(ふかや・かほる)

漫画家。1962年、福島生まれ。代表作に「ハガネの女」「エデンの東北」など。2015年から、ツイッターで漫画「夜廻(まわ)り猫」を発表。3月23日、講談社から新装の単行本1、2巻を発売する。
朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

猫の健康バロメーター“おしっこ持参検査”始めませんか?

 猫の8割がかかるといわれる慢性腎臓病。知らず知らずのうちに進行するため、飼い主さんの健康管理が猫の寿命にも関わります。対策について、詳しく話を聞きました。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。