保護猫、飼ってみませんか? 救える命、猫カフェで支えて

寝転がってくつろぐ里(さとる)と、白川さんの手から離れて歩み寄るまほ(メス)。2匹はきょうだいだという=山形県高畠町
寝転がってくつろぐ里(さとる)と、白川さんの手から離れて歩み寄るまほ(メス)。2匹はきょうだいだという=山形県高畠町

 一時は殺処分の対象だった猫とふれ合える保護猫カフェ「まほらねこ」が、山形県高畠町にある。飼い主を探し、少しでも多くの命を救いたいとの思いがある。オープンから半年で2匹が新たな居場所を見つけた。


(末尾にフォトギャラリーがあります)


 JR高畠駅から車で約5分。アパート1階のドアを開けると、サバトラ柄の里(さとる)(8カ月、オス)が近寄ってきた。ソファやキャットタワーが置かれた2LDKの部屋にいるのはキジトラ柄や白黒柄など8カ月から2歳ほどまでの8匹。走り回ったり、日なたでうたた寝をしていたり。


「放っておけばなかった命。一生飼ってくれる人に出会って幸せになってくれれば」。まほらねこを運営する白川真理子さん(52)はそう話す。保健所から殺処分対象だった猫を引き取り、昨年7月にオープンした。喫茶サービスはないが、おもちゃで遊んだりおやつ(200円)をあげたりできる。避妊・去勢手術代の実費など数万円の負担が必要だが、気に入った猫がいれば引き取れる。


 白川さんの実家には猫が2匹いて、幼いころから動物が好きだったという。東日本大震災では、ペットを預かる宮城県石巻市のシェルターでボランティアをした経験もある。


 保健所で猫が殺処分されることがずっと気になっていた。昨年度、県内で保健所に収容された猫1319匹のうち殺処分されたのは1235匹。大人の猫はホームページなどで譲渡のお知らせが出ることもあるが、生まれたばかりの子猫は世話に人手がかかるため、ほとんどが殺処分される。


「誰の目にも触れられず、そんなに簡単に殺されちゃうのか……」と心が痛んだという白川さん。だが、個人で保護するには限界がある。どうしたらいいか悩んでいた時、埼玉県の保護猫カフェを知った。1年ほど前から愛玩動物飼養管理士の資格を取り、準備を進めてきた。


 まほらねこを開くのは午前11時~午後6時半。月曜定休で平日は要予約。利用料は最初の30分は600円、1時間で1千円。30分延長するごとに400円かかる。平日のみのフリータイムは3千円。大人と一緒なら中学生以下は半額になる。「引き取らなくても、遊びに来てもらうだけで猫たちの支えになる」と白川さんは言う。


 問い合わせはまほらねこ(電話は0238・40・0828、電子メールは mahoraneko_cafe@kme.biglobe.ne.jp)へ。


(多鹿ちなみ)

朝日新聞
朝日新聞の媒体に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

よくある猫の嘔吐。しっかり学んで、受診の判断を見極めよう

「まなびばsippo」では、わかりやすいオンライン講義で、嘔吐など、猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。たくさんの講義が見放題で、毎月のライブで質問もできる月額会員がオススメ。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。