繰り返される盲導犬連れの転落事故 障害者団体が駅を調査

点字ブロックの状況を確かめる田中章治さん(右)ら=埼玉県蕨市のJR蕨駅
点字ブロックの状況を確かめる田中章治さん(右)ら=埼玉県蕨市のJR蕨駅


 JR蕨駅(埼玉県)で盲導犬を連れた男性(63)がホームから転落し、列車と接触して死亡した事故を受け、視覚障害者団体のメンバーが16日、ホームの状況を調査した。


「狭くなっているところがあり危険」として、転落防止用のホームドアの早期設置や、構内で誘導する駅員の確保などをJR東日本に求める方針を決めた。


 調査したのは全日本視覚障害者協議会の田中章治代表理事ら4人。ホームに献花し黙禱(もくとう)を捧げた後、普段から盲導犬と行動する田中さんや、白杖(はくじょう)を使う山城完治理事らが約1時間かけてホームをくまなく歩き、問題点がないか点検した。


 亡くなったのは川口市のマッサージ師の男性で、両目が不自由だった。蕨署などによると、男性は階段を下りてホームを左にUターンし、点字ブロックより外側を歩行。列車が近づく前に線路側に一歩踏み出し、転落したとみられる。


 Uターンした場所には柱があり、柱と点字ブロックの間隔は40~50センチと狭くなっていた。田中さんは「ここで盲導犬が左側を歩けば、右側にいる男性は電車により接近していたはずだ」と指摘した。


 JR東日本大宮支社によると、男性は普段から通勤で蕨駅を利用。14日は駅員4人のうち改札にいた1人が、自動改札機を通る男性に気づいていたという。担当者は「男性から付き添いを依頼されたことがなく、声をかけなかった。駅員が改札を離れるわけにもいかなかった」としている。


 事故を受け、JR東日本は京浜東北線の全36駅に2020年度末までにホームドアを設置する計画について、蕨駅への設置時期の前倒しを検討することにした。


(森厚志)

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

sippoの投稿企画リニューアル! あなたとペットのストーリー教えてください

「sippoストーリー」は、みなさまの投稿でつくるコーナーです。飼い主さんだけが知っている、ペットとのとっておきのストーリーを、かわいい写真とともにご紹介します!

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。