国内最高齢のツシマヤマネコ「ふみ」、さようなら 推定20歳

2011年9月に撮影されたツシマヤマネコのふみ=福岡市動物園提供
2011年9月に撮影されたツシマヤマネコのふみ=福岡市動物園提供

 福岡市動物園は13日、メスのツシマヤマネコ「ふみ」(推定20歳)が11日に死んだと発表した。飼育されたツシマヤマネコでは国内最高齢だった。2歳ごろの1999年に長崎県対馬市で捕獲され、同園に移された。計11匹を出産した。これまでの飼育での国内最高齢は18歳だった。

 同園で飼育するツシマヤマネコは7匹になった。対馬にいる野生のツシマヤマネコは約100匹とされる。

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

猫の健康バロメーター“おしっこ持参検査”始めませんか?

 猫の8割がかかるといわれる慢性腎臓病。知らず知らずのうちに進行するため、飼い主さんの健康管理が猫の寿命にも関わります。対策について、詳しく話を聞きました。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。