ニタマ駅長の部下、三毛猫の「よんたま」がんばる

集まったファンや報道陣に囲まれる「よんたま」(左)=和歌山県紀の川市貴志川町
集まったファンや報道陣に囲まれる「よんたま」(左)=和歌山県紀の川市貴志川町

 新たに和歌山電鉄の「駅長見習い」に5日付で就任した三毛猫「よんたま」は、さっそく多くのファンに取り囲まれる人気ぶり。落ち着いて、時折可愛く「ミャーオ」と鳴くなど上々のデビューを飾った。

 よんたまは和歌山生まれのメスで生後8カ月。岡山市にある訓練所で、人が好きか、仕事を嫌がらないか、駅長の帽子を嫌がらないか、などの適性を判断され、小嶋光信社長の面接も受けて「採用試験」に合格したという。

 この日は、貴志駅(和歌山県紀の川市)でたまの駅長就任10周年の記念式典があり、先輩駅長で上司となるニタマもよんたまの「教育責任者」に命じられた。2匹は初対面。写真撮影のために並ぶと、ニタマはよんたまに、「シャーッ」と厳しい声を出していた。

駅長見習いとなる「よんたま」(左)と見習い期間中の教育責任者を任命された「ニタマ」=和歌山県紀の川市貴志川町
駅長見習いとなる「よんたま」(左)と見習い期間中の教育責任者を任命された「ニタマ」=和歌山県紀の川市貴志川町

 集まったファンからは「可愛い」と声が上がった。和歌山市立東中2年中井康誠君(14)は「よんたまも、たま駅長みたいに有名になって、お客さんもたくさん来てほしい」。よんたまは来週からニタマの公休日の水曜と木曜に伊太祈曽(いだきそ)駅で午前10時から午後4時ごろまで勤務する予定。問い合わせは同電鉄(073・478・0110)。

(真田嶺、浅沼愛)

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

獣医師が解説 知っておきたい、猫と人をおびやかす寄生虫のこと

ときに健康を損なったり、命の危険すら及ぼしたりする寄生虫。愛猫のために、きちんと寄生虫の種類と対策を知っておくことは飼い主として必須です。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。