ご利益あるかもニャ? 全国から「招き猫」350点を集め博覧会

会場にはさまざまなスタイルの各地の招き猫が並ぶ=京都市下京区
会場にはさまざまなスタイルの各地の招き猫が並ぶ=京都市下京区

 開運招福、商売繁盛などさまざまなご利益がある「招き猫」の博覧会が15日、京都市下京区の京都高島屋で始まった。全国から約350点が集まり、縁起物の魅力をアピールしている。

 会場は全6章構成。江戸時代に江戸・浅草辺りで粘土細工として誕生した歴史から始まり、明治中期に愛知県・瀬戸で陶磁器製が登場。石川県・九谷で輸出用の工芸品として作られたエピソードなどを紹介する。

 さらに寺社に伝わる招き猫として、左京区の檀王(だんのう)法林寺にまつられる神・主夜神尊(しゅやじんそん)の「御使(おつか)い猫」などを展示。現代アーティストが招き猫のモチーフに触発された作品も並んでいる。企画担当者は「左手上げは『お客さん』を、右手上げは『お金』を招くと言われます。伝統文化とのかかわりの一端を楽しんでほしい」と話す。

 26日まで。一般800円ほか。問い合わせは京都高島屋(075・221・8811)へ。

朝日新聞
朝日新聞社の媒体に掲載されたおすすめの記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

猫にオーガニックフードはいいの?

キャットフードでもグレインフリーやオーガニックが話題です。猫の食べ物についての疑問に、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸先生が答えます。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。