希望の光きっと…… 「夜廻り猫」

 猫の遠藤平蔵が、心で泣いている人たちの話を聴く、ツイッターで人気の漫画「夜廻(まわ)り猫」。今夜の平蔵は、母の介護で2時間おきに起きるという女性を訪ねました。

 作者の深谷かほるさんは、友人の体験を参考に描いたそうです。介護を自分の問題として考えたとき「介護や仕事、毎日の生活であまりに疲れて、優しくしたいのに、できない。そんな自分を責めてしまう。それが一番つらいんじゃないかな、と思いました」。誰も見ていないところで頑張る人が、希望を持てる社会になれば、という思いがこもっています。

深谷かほる(ふかや・かほる)

漫画家。1962年、福島生まれ。代表作に「ハガネの女」「エデンの東北」など。昨年からツイッターで「夜廻り猫」の発表を続け、今年6月に単行本が発売された。自身も愛猫家。
朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

猫の健康バロメーター“おしっこ持参検査”始めませんか?

 猫の8割がかかるといわれる慢性腎臓病。知らず知らずのうちに進行するため、飼い主さんの健康管理が猫の寿命にも関わります。対策について、詳しく話を聞きました。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。