ビーグル犬で実験 人なつっこい犬には共通の遺伝子がある!

ビーグル犬による実験の様子=サイエンティフィック・リポーツ提供
ビーグル犬による実験の様子=サイエンティフィック・リポーツ提供

 イヌがオオカミと違って人に懐きやすいのは、特別な遺伝子の特徴を持っているから――こんな分析をスウェーデンの研究チームが明らかにした。困ったときに人に頼る性格のイヌに共通する遺伝子を探し当てたという。英科学誌サイエンティフィック・リポーツに論文を発表した。


 研究チームは、共通の環境で育てられたビーグル犬437匹に対し、初対面の女性と同じ部屋に入れ、床の上に置いた透明の容器からおやつを取り出す実験を繰り返した。


 容器は三つあり、二つは簡単にふたが開いて中のおやつが取り出せる。残り一つはふたが固定されていてイヌには開けられない。困ったイヌが女性に目で訴えたり、飛びついたりする様子を録画し、人に助けを求める度合いを数値化した。


 人に頼る性格のイヌとそうでないイヌ計約200匹のDNAを分析したところ、性格の違いに関係するとみられる二つの領域が判明。この領域には五つの遺伝子が含まれており、そのうち四つは人でも社会性との関連が指摘される遺伝子という。


 共通の祖先をもつオオカミは人に頼ることはない。1万5千年以上前にイヌが家畜化され、人とうまくつきあえる遺伝子が進化した可能性があるという。


(ワシントン=小林哲)

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

投稿コーナー「朝ワンコ・夕ニャンコ」 犬と猫の写真を大募集!

「朝ワンコ・夕ニャンコ」は、みなさまに投稿していただいた写真でつくるコーナーです。かわいいワンコ、ニャンコを毎日1匹、日替わりでご紹介します! sippoの今日の「かお」になりませんか?

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。