本当は怖い レプトスピラ感染症は人獣共通感染症

(写真は本文と関係ありません)
(写真は本文と関係ありません)

 意外と知られていませんが、レプトスピラ感染症は、人も犬も感染する人獣共通感染症の一つです。

 

<犬への感染経路>

保菌動物の尿で汚染された水や土壌との接触、尿との直接的な接触によって、経皮的あるいは経口的に感染します。感染初期には血中にも存在するため、血液、髄液、組織も感染源となります。
発生状況は、全国で年間30~50件が届け出られています。
<犬の症状>

○急性型
尿毒症、敗血症、DIC、ショック、死亡
進行が早く、腎不全、肝不全が認められる前に死亡することも多い。
多くは発症後36時間~48時間で死亡する。
○亜急性型
発熱、食欲不振、脱水、多飲多渇、嘔吐(おうと)、粘膜うっ血、結膜炎、ブドウ膜炎、点状出血、舌壊死(えし)、溶血、血便、血尿、黄疸(おうだん)、肝障害、腎障害、乏尿・無尿、虚脱、急性腎不全、肺出血症候群(LPS)などの症状がみられます。

 ヒトの情報に関しては割愛しますが、少なからず命に関わる感染症であることは間違いありません。


 感染経路を見て、感染する恐れがある場合は、予防することをお勧めします。

佐藤貴紀
1978年生まれ。白金高輪動物病院・中央アニマルクリニック顧問獣医師。日本獣医循環器学会認定医。 獣医師によるペット情報を動画配信中! シュガーペット:https://www.youtube.com/watch?v=4sp_caWbwPM&feature=youtu.be

sippoのおすすめ企画

参加者募集! ペットロスが心配な方へ、今から学ぶグリーフケア

ペットを病気にしない過ごし方や、ペットロスを乗り越えるために必要な飼い主の心構えなどを学びます。ペットが生きているうちからグリーフケアを学び、幸せなペットライフを送りましょう!

イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。