飛び出した猫を救出中の警官、ひき逃げされる 埼玉の国道17号

(写真は本文と関係ありません)
(写真は本文と関係ありません)

 職務中の警察官をひき逃げしたとして、埼玉県警大宮署は23日、同県北本市東間4丁目、板金工前田圭介容疑者(20)を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕し、発表した。「怖くなって逃げた」と容疑を認めているという。

 署によると、前田容疑者は22日午後10時20分ごろ、さいたま市北区宮原町1丁目の国道17号で乗用車を運転中、21歳と41歳の大宮署の男性署員2人をはね、それぞれ左足骨折や右ひじ打撲などのけがを負わせ、逃走した疑いがある。

 署員2人は事件当時、通報を受けて歩道から飛び出した猫を捕まえようとして道路上にいたという。

朝日新聞
朝日新聞社の媒体に掲載されたおすすめの記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

猫がおなかを下したり、便に血が混じっていたりしたら…

猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸先生が、病院につれていくべきポイントや受診時の注意点について動画で解説します。「まなびばsippo」では猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。