ペット店から金魚361匹盗んだ!? 窃盗容疑で男を逮捕

(写真は本文と関係ありません)
(写真は本文と関係ありません)

 ペットショップから金魚361匹を盗んだとして、福岡県警小倉北署は15日、北九州市小倉北区南丘2丁目の自称派遣社員、青木崇宏容疑者(37)を窃盗容疑で逮捕し、発表した。「取ったりしていません」と容疑を否認しているという。

 署によると、青木容疑者は12日午後11時30分ごろ、同区のペットショップの敷地内にある水槽から、ペットのえさ用金魚361匹(販売価格7220円)を盗んだ疑いがある。12日昼にペットショップから「メダカ千匹がいなくなった」と相談が寄せられ、同日夜、パトロール中の署員が店の近くで金魚の入ったバケツと網を持っていた青木容疑者を発見し、事情を聴いていた。青木容疑者は店の常連客という。

(宮野拓也)

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。