猫好きのための猫アート展、170人300点が大集合 千葉

新緑が美しい松山庭園美術館。9匹の飼い猫たちがくつろぎ、来館者を癒やす=匝瑳市松山
新緑が美しい松山庭園美術館。9匹の飼い猫たちがくつろぎ、来館者を癒やす=匝瑳市松山

 猫を題材にした作品ばかり300点を展示する「猫ねこ展覧会2016」が、千葉県匝瑳市の松山庭園美術館で開かれている。猫好きの作家らが「名画へ挑戦」と始めたところ、出展者が年々増え、途切れることなく13年目を迎えた。


 絵画を中心に、彫刻、工芸など様々な猫の姿が館内を埋める。鳴き声が聞こえてきそうな写実的な作品もあれば、大口を開けて楽器を弾き語りするなど擬人化された猫や、漫画風のものもある。多くは値段が付いていて購入できる。


 ルノワールや藤田嗣治など、猫を描いた絵画の名作は多い。美術館を開いている美術家の此木三紅大(このきみくお)さん(78)と妻・のり子さん(69)も猫好きだ。仲間の作家たちと、名作に挑戦しようと意気投合して展覧会が始まった。最初は30人約60作品だったが、今回は170人が出展した。

 

愛らしい猫の姿に、見る人たちの顔もほころぶ=千葉県匝瑳市松山
愛らしい猫の姿に、見る人たちの顔もほころぶ=千葉県匝瑳市松山

 展覧会を見て、自分も出展したいという人が年を追って増えた。「アマチュアの参加で楽しく猫を描こうという作品が増えてきた」と三紅大さん。のり子さんも「『うちの猫見てよ』という感覚のたどたどしい絵も、なんとも愛情に満ちていていい」という。


 5年前、東日本大震災の直後は開くか迷ったという。市内の海岸には津波が押し寄せ、隣の旭市では犠牲者も出た。だが、約100人の出展者からは作品が届き、意を決して開いた。迎えた初日、訪れた人は「やっと外出できた」「震災後初めて笑った」と喜んでくれたという。


 6月26日まで。金、土、日曜と祝日のみ開館。午前10時~午後5時。大人800円、小中学生400円。作家によるワークショップやカフェがあり、来場者の投票で「私の好きな作品大賞」を決める。問い合わせは同美術館(0479・79・0091)。


(福田祥史)

朝日新聞
朝日新聞の媒体に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

よくある猫の嘔吐。しっかり学んで、受診の判断を見極めよう

「まなびばsippo」では、わかりやすいオンライン講義で、嘔吐など、猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。たくさんの講義が見放題で、毎月のライブで質問もできる月額会員がオススメ。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。