災害救助犬が人を探し出す活動をイベントで実演

箱の中に隠れていた子どもを見つけ、ハンドラーに教える災害救助犬=取手市
箱の中に隠れていた子どもを見つけ、ハンドラーに教える災害救助犬=取手市

 地震などの災害現場で行方不明者の捜索にあたる災害救助犬の実演が4月29日、茨城県取手市の取手緑地運動公園で開かれたイベント「こども天国」であった。
 

 披露したのは、熊本県などでの地震でも被災地に災害救助犬を派遣しているNPO法人日本救助犬協会(本部・東京)。救助犬は、訓練をするハンドラーの指示を受けて「出動」。あっという間に箱の中に隠れている人を見つけ、ワンワンとほえて居場所を知らせた。
 

 同協会浦安チーム副代表の松原博志さん(67)によると、災害救助犬は家庭で飼われている普通の犬を訓練する。最短でも1年間くらいかかるが、犬の種類や大きさは関係なく「活発なタイプの犬が早く身につく」と話していた。

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

sippoの投稿企画リニューアル! あなたとペットのストーリー教えてください

「sippoストーリー」は、みなさまの投稿でつくるコーナーです。飼い主さんだけが知っている、ペットとのとっておきのストーリーを、かわいい写真とともにご紹介します!

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。