ジュリアーノ6代目市長に 仮想都市「こにゃん市」

6代目こにゃん市長に就任した雑種のジュリアーノと「秘書」役の豊永町子さん=滋賀県湖南市役所
6代目こにゃん市長に就任した雑種のジュリアーノと「秘書」役の豊永町子さん=滋賀県湖南市役所

 滋賀県湖南市の仮想都市「こにゃん市」の6代目市長が26日、市内の雑種猫「ジュリアーノ」(雄、推定1歳)に決まった。猫10匹、犬5匹が争う激戦となり、投票期間が昨年より2週間延びたこともあってインターネット上の投票は過去最多の7235票。ジュリアーノは2951票を獲得した。

 ジュリアーノは2014年7月、市内の道ばたで倒れ、ぐったりしているのを登校中の児童が見つけた。ボランティアで登校を見守っていた豊永勝弘さん(69)、町子さん(65)夫妻=同市下田=が引き取り、治療を受けて次第に回復。選挙公約「ニャニフェスト」では「捨てられて道端で死にかかっていた時、今のお父さんが連れて帰ってくれて、幸せになったんだ。僕の手で幸せをいっぱい招きたいな」と訴えた。

 次点は1614票の犬のレン(雄5歳)で、猫の市長は3代連続。任期は1年でイベントなどで観光と動物愛護をPRする。就任会見に同席した「秘書」役の勝弘さんは市長に代わり、「捨て猫のない社会を提案したい」と抱負を述べた。

(山下寛久、菅沢百恵)

6代目のこにゃん市長に就任した雑種ジュリアーノと「秘書」役の豊永町子さん=滋賀県湖南市役所
6代目のこにゃん市長に就任した雑種ジュリアーノと「秘書」役の豊永町子さん=滋賀県湖南市役所
朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

参加者募集! ペットロスが心配な方へ、今から学ぶグリーフケア

ペットを病気にしない過ごし方や、ペットロスを乗り越えるために必要な飼い主の心構えなどを学びます。ペットが生きているうちからグリーフケアを学び、幸せなペットライフを送りましょう!

イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。