外猫たちの隠れ家的オアシス・カフェバー

警戒心が強いきじちゃんの、レアなお茶目ポーズ(写真・西田雅)
警戒心が強いきじちゃんの、レアなお茶目ポーズ(写真・西田雅)

 レトロな路面電車、東急世田谷線・山下駅からすぐ、そして招き猫で有名な小田急線・豪徳寺駅からも徒歩数分の場所にあるカフェバー「cafe PICON BER(ピコンバー)」。こちらのお店は開店から20年来、まだ都内にも犬同伴可能のドッグカフェなどなかった頃から犬同伴可なのだとか。

 動物好きの店主の宮武一昌(かずまさ)さんはじつは根っからの猫派で、「開店して1年ぐらいはスコティッシュフォールドのヨーダ君がお店の看板猫でいたんですが、だんだんやって来る犬たちの数も増え、おちおち昼寝もしていられなくなったのでヨーダ君は引退しました」と笑います。

オールマイティな料理人の一昌さん
オールマイティな料理人の一昌さん

 その後、ヨーダ君は自宅で余生を過ごし、6年前に永眠したそうです。そして八甲田山の登山途中に運命の出会いを果たしたのが、現在も同居中のキジトラのロク君(16歳♂)。山登りの途中で猫の鳴き声を耳にした一昌さんは、弱っていた子猫を飛行機に乗せて連れ帰り、自宅で飼い始めたというからさすがです。

 じつはこちらのお店のオープンテラスには、ドライフードや水用のボールが用意された外猫用のえさ場が設けてあります。今は通称猫おじさんこと、近所に住む西田雅(ただし)さんが一目惚れして朝晩エサをやるようになったキジトラのきじちゃん(推定5~6歳♀)と、長毛種のモッコ君(推定5~6歳♂)がメインでごはんを食べにやって来ているとのこと。雅さんは毎日出勤前と出勤後に欠かさずお店に立ち寄っては、きじちゃんとモッコ君にごはんをあげるのだそうです。

猫おじさんの雅さん
猫おじさんの雅さん

 5年前、一昌さんがお店の前にふらりと現れた黒猫にエサをあげたことをきっかけに猫たちが集まるようになり、すっかり外猫たちのえさ場として定着したとのこと。3年前には近隣の住民から苦情が出て困っていたところ、噂を聞きつけたボランティアの女性がすべての外猫たちに避妊や去勢をし、一軒一軒、家を回って地域猫として認めてくれるよう説得してくれたおかげで円満解決できたとか。一昌さんと雅さんの猫好きコンビの強力タッグはもとより、適度な距離感でいい関係を保っている外猫たちとの交流の場に心が和みます。

(取材・平野敦子)

最近やって来るようになった茶トラ君
最近やって来るようになった茶トラ君
美しい長毛種のモッコ君
美しい長毛種のモッコ君

cafe PICON BER

●東京都世田谷区豪徳寺1-45-2
●TEL03-3420-9977
●営業時間/月~土曜14:00~翌2:00、日曜12:00~22:00
●定休日/火曜

辰巳出版が隔月で発行している猫専門誌です。猫愛にあふれる企画や記事の質に定評があります。

sippoのおすすめ企画

猫の健康バロメーター“おしっこ持参検査”始めませんか?

 猫の8割がかかるといわれる慢性腎臓病。知らず知らずのうちに進行するため、飼い主さんの健康管理が猫の寿命にも関わります。対策について、詳しく話を聞きました。

この特集について
from猫びより
猫専門誌「猫びより」(辰巳出版)から提供された記事を集めた特集です。専門誌ならでは記事や写真が楽しめます。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。