名取裕子さんの名言 「犬は自分のかがみ」

 青山学院大学の同級生であり、芸能界を代表する〝犬のプロ〟名取裕子さんとスポーツ紙の対談で久々に会ったときのこと。一緒にいた1時間ほどの間で、「さすが、犬と言えばナトリと言われた人ね」と思うことが何度あったでしょうか。

「保護犬なの? よくいたわね、ミニピンが」

 と驚く名取さんに、ハンターが保護されて我が家に来るまでの経緯を話していたところ、

「そっか、そっか、そうなのね」

 とハンターと会話を始める名取さん。

「そうなの、おうち、帰りたいの」

「あ、その顔はチッチ(おしっこ)ね。じゃあ、シートをここに」

 と私が持参したトイレシートを二つに折り畳み、壁と床に直角に置いてくれたり……。

「ママのお仕事、もうすぐ終わるわよ~」

「一緒に記念写真、撮りましょう」

 などと、私ではなく(!)ハンターと〝対談〟してくれる名取さんなのでした(笑)。

 あぁ、この人は本当に犬に慣れている。もしかしたら、犬語がちゃんと話せているのかもしれない……とも思いました。

 ピンが平均よりも早く旅立ったことについては、「どんな犬にも寿命があるからね」とキッパリ。ピンが11歳4カ月で旅立ってしまったことでは、どこかで自分を責めていた私でしたが、名取さんがそう言ってくれたことで、少し救われたような気がしました。

 私が会話の途中で、「バカ犬が」と口走ると、「よく、そういうふうに言う人がいるけど、犬は自分のかがみだからね」とまたキッパリ言う名取さん。さらには、「犬はなんでもわかってるよね。私が厚化粧していれば、長時間、出かけるって、ちゃんとわかってるもん」と。

 確かに、ココやハンターも同じです。ノーメイクにサンダル履きなら、ゴミ出しとか近所のコンビニだから、すぐに帰ってくる……とわかっている。私がシャワーを浴びたり、それこそ、きっちりメイクをしたりして出かける用意をしていると、ココもハンターも急にソワソワし始めて、「行かないで」というアピールをしてくるのです。

 そんなふうに、お見通しの犬たちですから、「飼い主のかがみ」であることも十分、理解できます。

 バカは治らなくても(苦笑)、いつも明るく元気に犬に接していこうと、改めて決意したしだいです。

 

山田美保子
1957年生まれ。青山学院大学卒業後、ラジオレポーターを経て、放送作家、コラムニストなどを務める。『踊る!さんま御殿!!』の構成や、『バイキングMORE』『サンデージャポン』などのコメンテーターを務める。ほかに雑誌、新聞、WEBに連載多数。

sippoのおすすめ企画

sippoの投稿企画リニューアル! あなたとペットのストーリー教えてください

「sippoストーリー」は、みなさまの投稿でつくるコーナーです。飼い主さんだけが知っている、ペットとのとっておきのストーリーを、かわいい写真とともにご紹介します!

この連載について
山田美保子の育犬日記
人気放送作家の山田美保子さんが愛犬たちとの日々をつづるブログ。ペット愛好家セレブの御用達グッズなど、芸能界の話題も。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。