帝塚山ハウンドカムの「愛犬用贅沢御膳3段重」=同社提供
帝塚山ハウンドカムの「愛犬用贅沢御膳3段重」=同社提供

ペットへの支出が増加傾向 フード各社は高級食に力

 ペットの食事にお金をかける傾向が強まっている。ペットの高齢化に加え、コロナ下でペットと過ごす時間が長くなり、健康を気づかった食事へのニーズが高まっていることなどが背景にあるという。

 ペットフード協会によると、ペット1頭を飼う人が1カ月間に飼育に支出する金額は、犬が2017年の9544円から20年の1万2020円に、猫も5777円から7252円にそれぞれ増えた。食事やおやつに使う支出が増えたことが一因だ。

 ペットフード各社は高級食に力を入れる。帝塚山ハウンドカム(大阪市)は19年から、無添加や手作りにこだわった新ブランドを始めた。最も売れているのが、おもに犬用の「腎臓に優しい」総菜のセット(税込み4004円)で、豆腐ハンバーグや鶏モモ肉のクリーム煮など7食分を詰め合わせた。腎臓の病気になるペットが多いため、健康を気づかう飼い主が買い求めているという。(宮川純一)=朝日新聞デジタル2021年07月19日掲載

朝日新聞
朝日新聞社の媒体に掲載されたおすすめの記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

sippoの投稿企画リニューアル! あなたとペットのストーリー教えてください

「sippoストーリー」は、みなさまの投稿でつくるコーナーです。飼い主さんだけが知っている、ペットとのとっておきのストーリーを、かわいい写真とともにご紹介します!

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。