野良猫を不妊去勢し、元の場所に戻す理由 TNRは解決になる?

人と猫が共生する町を目指して

 野良猫に不妊手術を施して、元いた場所に戻して繁殖を抑制しようというTNR活動。TNRは「Trap(捕獲し)」、「Neuter(不妊去勢手術を行い)」、「Return(元の場所に戻す)」の略だ。こうして不妊去勢した猫にエサを与えて管理する活動を「地域猫活動」と呼ぶ。だが、なぜ「Return」が必要なのか。TNRについても詳しい猫の不妊手術専門の動物病院を運営している橋本恵莉子獣医師に聞いた。

エサやりは不妊手術した猫のために重要な活動

――地域猫にエサを与える時、地域の住民の理解は得られていますか。

 野良猫を捕獲して、不妊去勢手術を行い、元の場所に戻した後、ボランティアさんたちは、猫たちにエサを与えます。なかにはトイレも用意して排泄物の管理をする人もいます。しかし、なかにはエサを与えているボランティアさんを見て怒りだす人もいます。「ここで猫にエサをやるな! 野良猫が増えるじゃないか」と言われるのです。

 ボランティアさんは「ここの猫たちは、ちゃんと不妊手術をしているので、猫が増えることはありません。ちゃんと管理している猫なんです」と説明しますが、「ここでエサをやるな、家に連れて帰ればいいじゃないか」と言い返されてしまうこともあります。

猫も穏やかに暮らしたいだけ

地域猫がいれば、他地域からの野良猫の流入を防げる

――猫を元いた場所に戻さなかったらどうなりますか。

 ある地域で、ボランティアさんが世話をしている地域猫たちがいなくなったら、テリトリーを守る猫がいないので、空いたスペースに、他の地域から野良猫がやって来ます。猫のなかには不妊手術をしていない猫もいるでしょう。すると、猫は交尾、出産を繰り返してどんどん数が増え続けるのです。

 TNRされた地域猫をそのまま置いておけば、猫はテリトリーを守るので、他の地域からの猫の流入を受け付けず、自然に防ぐことができるのです。TNRされた猫は、不妊去勢手術をしているので、絶対に増えることがありません。やがて猫の集団は猫が寿命を迎えると少しずつ減っていきます。

ちゃんと話を聞いてもらいたい

――他の地域からの流入を防ぐと同時に、猫の数を増やさずに済むのですね。

 そうです。TNRがどの地域でも実行されれば、時間はかかっても確実に野良猫は減っていきます。人道的で最も効率のいい野良猫の減らし方なんです。単にエサを与える迷惑なエサやり行為と違い、きれいに管理され、増えることもない猫たちは、地域住民にも受け入れられやすい。人と猫が共生している町は、とても平和な町なのです。

【関連記事】エサやりと誤解され、「保健所へ」と言われて… 子猫を保護した

渡辺陽
大阪芸術大学文芸学科卒業。「難しいことを分かりやすく」伝える医療ライター。医学ジャーナリスト協会会員。朝日新聞社sippo、telling、文春オンライン、サライ.jp、神戸新聞デイリースポーツなどで執筆。FB:https://www.facebook.com/writer.youwatanabe

sippoのおすすめ企画

sippoオンライン譲渡会開催!浅田美代子さんも参加。

新型コロナウイルスの影響で、保護団体は譲渡会が開けず、苦しんでいます。そこで、浅田美代子さんをゲストにオンライン譲渡会を開催します。次回は5/24(日)13時。協力団体:ねこけん。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。