ニャーオニャーオで猫城主の年 「さんじゅーろー」、仕事始め

備中高梁稲荷神社に参拝し、記念写真に収まるさんじゅーろー
備中高梁稲荷神社に参拝し、記念写真に収まるさんじゅーろー

 西日本豪雨後に岡山県高梁市の備中松山城にすみ着いた猫城主さんじゅーろーが6日、冬休みを終えて城に戻り、仕事を始めた。

 休みを過ごした市観光協会の事務所で、午前9時から仕事始め式。「今年はネズミ年だが、令和2(ニャン)年、2020(ニャーオニャーオ)年でさんじゅーろーの年でもある」という中村宏史会長のあいさつを近くで聞いていた。

高梁市観光協会の仕事始め式に「臨席」したさんじゅーろー
高梁市観光協会の仕事始め式に「臨席」したさんじゅーろー

 その後、職員らと備中松山藩の守護神である備中高梁稲荷神社(落合町近似)に参拝。鈴はらいを受けた時は、頭上で鳴る鈴を興味深そうに見つめ、祝詞(のりと)で名前を呼ばれると「ニャーオ」と返事。午前11時ごろには約1週間ぶりに城に戻った。「ねこちゃんがいるー」と叫びながら近寄ってきた家族連れらと遊んだり、記念撮影をしたりと城主の仕事を再開した。
(菅野みゆき)

【関連記事】城主になった猫「さんじゅーろー」 豪雨、失踪…災い転じて

朝日新聞
朝日新聞社の媒体に掲載されたおすすめの記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

猫がおなかを下したり、便に血が混じっていたりしたら…

猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸先生が、病院につれていくべきポイントや受診時の注意点について動画で解説します。「まなびばsippo」では猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。