殺処分された犬猫を追悼する慰霊祭 7割以上が生後間もない子猫

参列者が献花し、殺処分された犬や猫を追悼した
参列者が献花し、殺処分された犬や猫を追悼した

 殺処分された犬や猫などを供養する慰霊祭が10月24日、山形県天童市の山形動物愛護センターであり、獣医師や市民ら約20人が参列した。祭壇にはキャットフードや花などが供えられ、参列者が手を合わせ、動物たちを追悼した。

 県によると、県内では昨年度、犬が1匹、猫が290匹殺処分された。殺処分された猫のほとんどは捨て猫や野良猫で、7割以上はまだ目が開かない生後間もない子猫だったという。

 参列した大木美和さん(51)は、県動物愛護推進員として地域で犬や猫の飼育方法の啓発活動に取り組んでいるという。「不幸な命をなくすため、不妊去勢手術の必要性などの周知を今後も進めていきたい」と話した。

【関連記事】犬や猫「殺処分数」にカウントされない殺処分 専門家から懸念も

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

参加者募集! ペットロスが心配な方へ、今から学ぶグリーフケア

ペットを病気にしない過ごし方や、ペットロスを乗り越えるために必要な飼い主の心構えなどを学びます。ペットが生きているうちからグリーフケアを学び、幸せなペットライフを送りましょう!

イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!