犬小屋の扉が壊れ、ウルフドッグ一時いなくなる 翌日捕獲

ウルフドッグ
ウルフドッグ

 犬とオオカミの血統を持つ大型の動物ウルフドッグ(狼犬(おおかみけん))1頭が9日、飼われていた千葉県旭市の会社からいなくなり、保健所が注意を呼びかける一幕があった。狼犬は10日に捕獲された。犬小屋の扉が壊れており、県衛生指導課は台風の影響で壊れた可能性があるとみている。

 同課によると、9日午後5時ごろ、同県銚子市との市境に近い旭市東部の犬の訓練会社従業員から「飼っていたウルフドッグがいなくなった」と海匝保健所に連絡があった。狼犬はハスキーやシェパードなどの大型犬とオオカミを交配させた動物で、飼われていたのは5歳のメス。体重は30~40キロあった。

 保健所は銚子市の防災メールなどで「犬とオオカミの血が混じったウルフドッグ1頭が逃げ出した。小さなお子さまがかまれると重症になる恐れがあり、見かけたら近寄らないよう」などと呼びかけた。メールを見た市民から「いなくなったのはどのあたりか?」など5~6件の問い合わせがあったほか、情報はSNSでも拡散した。狼犬は10日昼過ぎに同社従業員が会社近くで見つけて確保した。

 狼犬は専用の犬小屋で飼われていたが、いなくなった時は扉のちょうつがいが壊れて開いていた。同課の担当者は「強風で壊れたか轟音(ごうおん)にびっくりした狼犬がぶつかったか、台風の影響が考えられる」と話し、会社に対し施錠をしっかりするよう指導したという。
(高木潔)

【関連記事】 犬の悲しげな上目遣い 人と暮らす歴史のなかで進化したワザ

 
朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

参加者募集! ペットロスが心配な方へ、今から学ぶグリーフケア

ペットを病気にしない過ごし方や、ペットロスを乗り越えるために必要な飼い主の心構えなどを学びます。ペットが生きているうちからグリーフケアを学び、幸せなペットライフを送りましょう!

イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!