夜中にウロウロ、頻尿、夜鳴き 初めての「老犬」との暮らし

昼夜逆転生活になってしまったココ。日中はほとんどうつらうつら
昼夜逆転生活になってしまったココ。日中はほとんどうつらうつら

 ほぼ目が見えなくなっているココとの毎日は「単調」といえば「単調」かもしれませんし、老犬と暮らしたことがない方にとっては「大変」な日々と言えるかもしれません。

 まぁ、私とて、あと3カ月で13歳になるワンコと暮らすのは人生初のこと。ピンは11歳で虹の橋を渡っていってしまったので、闘病はしていましたが「老犬」ではなかったと思います。

 ココの近況としては、夜中、相変わらず頻繁に目を覚まし、クゥクゥ、ずっと鳴いているかと思えば、リビングと寝室を行ったり来たり、徘徊することがますます増えました。

 オシッコは、少ない量を何回もするようになりました。目は見えませんが9割がたはトイレシートの上でしてくれますし、たまにホームランしたとしても、大きな場外があるわけではありません。

 昼夜は、ほぼ逆転してしまっていると言えるでしょうか。私が昼間、家にいられるとき、ココはほとんど寝ています。

 静かに寝息をたて、ときどき夢を見ているのか、不思議な動きをしたり、声をあげたりします。夢の中で、ココは昔みたいに目が見えるのでしょうか。だとしたら、たくさん、夢を見てほしい。

 ココがクゥクゥと(しつこく)声をあげるとき、真っ先に思うのは、ココは目が見えていないんだから……ということ。ココが現実を自分でとらえられているかはわかりませんが、もしかしたら、まだ「変だぞ」「目が見えないぞ」と思っているかもしれません。

 だとしたら、本当にかわいそうなので、すぐに「ココ」「どうしたの?」と声をかけ、近寄り、ときには抱き上げ、全身を撫でてあげています。

 今回、書いていることは、すべて夜中に起きています。

 夫は「甘やかしすぎだよ」と言い、実際、私が週イチで名古屋に前泊する仕事の日、ココは、ほとんど徘徊しなければ、クゥクゥと鳴いたりもしないようなのです(本当に、ときどきはあるようですが)。

 私がいる日は、100%、夜中の2時ぐらいから頻繁に私を起こそうとしますし、トイレにも行きたがりますし、クゥクゥと何ともいえないような声を出して鳴くのです。

 夜中、ただでさえ暗いので(これも何度か書いていますが、ココは光はうっすら感知できていると思われます)、ふと目が覚めたとき、ものすごく不安になったり、怖かったりすると思うのです。

 そんなとき、私はどれだけ眠くても、どれだけ疲れていても、どれだけ酔っぱらっていても(!)、ココをベッドから下ろし、リビングに連れていき、トイレをさせて、トリーツをあげて、ソファで一緒に朝まで過ごすようにしています。

 ソファですぐに寝てくれるときもあるし、リビングに来てもなお、徘徊をし続ける夜もあります。

 でも、自分でも不思議なほど、それに付き合うことが苦痛にならないし、それでも頑張って毎日を過ごしているココが愛おしいし、「我が家に来てくれてありがとう」「13歳まで生きてくれていてありがとう」という気持ちでいっぱいになります。

 ピンとは、私がそういう想いに達しない内に“お別れ”がきてしまったので……やっぱり、そのことに対しては、いまだに悔いが残っているのです。

 ココ、大丈夫だからね。どんなに頻尿になっても、どれだけ徘徊したとしても、どれだけ私を起こしたとしても、私はあなたに付き合います。だから長生きしてね。

山田美保子
1957年生まれ。青山学院大学卒業後、ラジオレポーターを経て、放送作家、コラムニストなどを務める。「踊る!さんま御殿!!」「ノンストップ!」などを構成。ほかに雑誌、新聞、WEBに連載多数。

sippoのおすすめ企画

参加者募集! ペットロスが心配な方へ、今から学ぶグリーフケア

ペットを病気にしない過ごし方や、ペットロスを乗り越えるために必要な飼い主の心構えなどを学びます。ペットが生きているうちからグリーフケアを学び、幸せなペットライフを送りましょう!

この特集について
山田美保子の育犬日記
人気放送作家の山田美保子さんが愛犬たちとの日々をつづるブログ。ペット愛好家セレブの御用達グッズなど、芸能界の話題も。
イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。