『ねことじいちゃん』作者・ねこまきさんの愛猫ライフ

 2015年から、じわじわとファンを増やしてきた人気コミックス『ねことじいちゃん』をご存じだろうか。離島で暮らす大吉じいちゃんと、愛猫のタマ、そして近所の仲間たちの日常を描いた作品で、「猫の日」にあたる2月22日(金)に実写映画の公開が控えている。

妻を亡くして2年あまりの大吉じいちゃんは、一人暮らしに奮闘中。「妻の味」として再現されるレシピも実においしそう! コミックスは現在5巻が発売中
妻を亡くして2年あまりの大吉じいちゃんは、一人暮らしに奮闘中。「妻の味」として再現されるレシピも実においしそう! コミックスは現在5巻が発売中

 人と猫をやさしさあふれる視点で描き続ける作者のねこまきさんは、その名通りの愛猫家だ。自宅を訪ねると、大きな目を見開いた2匹のノルウェージャンフォレストキャットが出迎えてくれた。手を振るがごとく長毛のしっぽを右に左にふわ〜りとなびかせる2匹。どうやら、歓迎ムード? にっこりと見守るねこまきさんに、日々の様子を聞いた。

猫タワーの頂上からこちらを凝視するクールな兄貴分・マロンは慎重派(写真左)「誰、誰、この人たち一体誰なのよ?」と言わんばかりに近寄ってきた弟分・みかんは好奇心旺盛(右)
猫タワーの頂上からこちらを凝視するクールな兄貴分・マロンは慎重派(写真左)「誰、誰、この人たち一体誰なのよ?」と言わんばかりに近寄ってきた弟分・みかんは好奇心旺盛(右)

本当は「いぬまきさん」だった!? 猫派転身のきっかけ

 実は子どもの頃から犬派だったという、ねこまきさん。猫との暮らしは結婚後、突然スタートした。「20年ほど前でしょうか。ある日、生粋の猫派だった夫が長毛の子猫を拾ってきたんです。最初は反対したのですが、近くで様子を見ているうちにだんだん猫もかわいいな、と」。足元でスリスリしてみたり、のどを鳴らしたり。初めて接した子猫が自分を家族と認識して心を開き、甘えてくるようになったことでメロメロになってしまったと振り返る。以来、二人のそばにはずっと猫がいる。

 現在の家族構成は夫と2匹。先住のマロン(2歳・オス・黒)と、新入りのみかん(7カ月・オス・茶トラ)の関係も良好だ。「ノルウェージャンフォレストキャットは陽気で明るい子が多いと言いますよね。縁あって我が家に来てくれた子たちなので、仲良くなってくれて本当によかったです」と笑顔。

猫がもたらしてくれたマンガ家デビュー

省エネモードでのひなたぼっこも対照的な2匹。微動だにせず、哲学的な表情で遠くを眺めるマロン(写真左)一方のみかんは、ぽかぽかの日差しを全身に浴びてリラックス。「何かご用でも〜?」(右)
省エネモードでのひなたぼっこも対照的な2匹。微動だにせず、哲学的な表情で遠くを眺めるマロン(写真左)一方のみかんは、ぽかぽかの日差しを全身に浴びてリラックス。「何かご用でも〜?」(右)

 愛猫たちの様子は、日々の仕事のイメージソースにもなっている。ただ、ねこまきさんにとってマンガ家デビューは全く想定外の出来事だったそう。「絵を描くのは昔から好きでしたが、もともとはデザイン関係の仕事をしていて、小さくあしらうためのイラストを描いていたんです。猫の絵は『かわいいな』と思った瞬間をブログに描きためていただけで……。編集さんに声をかけていただいて、少しずつマンガの仕事が増えました。何だか不思議な感じですね」

 現在はマンガ家・イラストレーターとして活動している。様々なテイストを描きわけるというが、『ねことじいちゃん』のタッチはどのようにして生まれたのだろうか。「昔、母が描いてくれた丸みのある絵が印象に残っていて、仕事でそんな雰囲気の絵を描いてみたら喜ばれたんです。そこから確立していったという感じですね。母は数年前に他界したのですが、実は『ねことじいちゃん』の妻を亡くした大吉じいちゃんは、私の父を重ねて描いているところもあるんですよ」と明かしてくれた。取材や丁寧な歴史考証を元に紡がれているが、老若男女に愛されるあたたかな物語の根幹を支えているのは、両親を思い、時折その存在を感じながらペンを走らせるねこまきさんの家族愛なのかもしれない。

食事は栄養バランスを重視

 ある回では、大吉じいちゃんが11歳になる老猫タマを動物病院に連れていく。獣医から「猫も人と同じように調子の悪い時もあります」と声をかけられるシーンが印象的だ。これは自身とかつての愛猫の体験から加えたシーンだという。「体調は多少の浮き沈みがあるものですよね。その上で、できるだけ長く一緒に生きていくには、やはり日々の健康管理が大事だと思うんです。だから、我が家の猫たちには自由に暮らしてもらって、体にいいフードを与えたいと思っています」

 マロンとみかんは長毛のため、毛玉ケアタイプを選ぶ。食べ過ぎる様子がないことから、それぞれの皿に常時セットしている状態だという。最近与えているのは、ブルーだ。

 「おやつの習慣がないので、栄養バランスがいいフードだというのが何よりの魅力ですね。人と同じように抗酸化を意識しているということで、早いうちから健康を気にかけたケアができるのが、うれしいです」

与えているのは「チキン&玄米レシピ」の毛玉ケア。おやつ無しの日々でもおいしくないフードは口にしないというグルメな2匹だが、ブルーはお気に召した様子
与えているのは「チキン&玄米レシピ」の毛玉ケア。おやつ無しの日々でもおいしくないフードは口にしないというグルメな2匹だが、ブルーはお気に召した様子

これからも幸せな物語を

 累計発行部数が50万部(2019年1月末現在)を超えるヒット作となった『ねことじいちゃん』。ねこまきさんは、映画化プロジェクトを機に登場人物を増やしたこともあり、今後は島に暮らす人と猫の交流をより深く、たっぷり描きたいと語る。さて、どんな展開が待っているのだろうか。

 「うーん、描いていてすごく幸せな気分になれるので、そのあたりはこれからも感覚を頼りに進めようかと(笑)。我が家の猫たちの姿や何げない仕草をベースに、ゆったりとした世界を紡いでいきたいですね。みんながやさしい気持ちになれるような小話が増えていけばいいなと思っています」

 寒い冬には、じっくり楽しみたくなるあたたかな物語を。コミックスとともに、まもなく公開の映画もチェックしよう。

追いかけっこが一段落し、毛づくろいタイムに(写真左)  「遊ぼうってば」とマロンのそばを離れないみかん(右)
追いかけっこが一段落し、毛づくろいタイムに(写真左)  「遊ぼうってば」とマロンのそばを離れないみかん(右)

マロンとみかん取材時の特別動画はブルー・バッファローの公式HPで限定公開中!https://bluebuffalo.com/ja/videos

ブルーバッファロー×映画『ねことじいちゃん』コラボキャンペーンも実施中!

高品質の生肉を使用したベースの粒と抗酸化栄養素を含んだ野菜・果物で仕上げたライフソースビッツの2種類の粒配合

マロンとみかんに与えている「毛玉ケア チキン&玄米レシピ」(右)と新発売の「室内飼い サーモン&玄米レシピ」(左)

米国の獣医師と動物栄養士が推奨する抗酸化栄養素やビタミン類を豊富に含む野菜、果物を使用。コールドプロセス製法(低温製法)により栄養素の損失を限りなく抑えました。


年齢、サイズに応じたラインナップをご用意しています。ラインナップについて詳しくはhttp://bluebuffalo.jp/でご確認ください。


ブルーバッファロージャパンの公式facebookページがスタートしました。こちらもあわせてご覧ください!

公式facebookページ:https://www.facebook.com/BlueBuffaloJP/

sippoのおすすめ企画

病院が苦手なネコも、健康のために定期的に動物病院で受診しましょう。Instagramで動物病院の写真投稿を募集中!投稿1件につき100円を不幸な猫のために寄付します。

この特集について
大切な家族だから、体にいいものを食べさせたい。
自然素材のペットフード・メーカー、ブルーバッファロー提供の特集です。ペットにやさしい食生活について紹介しています。
PR|ブルーバッファロー・ジャパン株式会社
イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!