「困っていたらうちにおいで」 坂上忍さん愛犬13匹との暮らし

坂上忍さん
坂上忍さん

 千葉の自宅で13匹の愛犬と暮らす坂上忍さん。俳優・タレントとして多忙な日々を送るなか、犬との暮らしを最優先にした生活を貫いています。13匹と暮らすことになるまでの経緯や思いを聞きました。

――自他ともに認める「犬好き」ですね。

 今でこそたくさんの犬と暮らしていますが、実は一度、「失敗」しているんです。20代の頃、ペットショップで一目ぼれして犬を飼い始めたのですが、仕事の忙しさなどを理由に世話をしなくなり、結局、知人に譲ってしまいました。その犬が亡くなったことを知らされた時、ひどく後悔しました。面倒を見切れなかった、愛情を注いであげられなかった……と。

 それからはずっと「自分はペットを飼ってはいけない人間だ」と言い聞かせていました。

 でも、いつかはあの時の失敗を取り返したいという思いもありました。そんな時、ペットショップで売れ残っていたチワワに出会ったのです。今、我が家の長男になっている「佐藤ツトム」です。

 ――今は保護犬を含め、総勢13匹に。

 「困っている犬がいたらうちにおいで」という気持ちでいたら、いつの間にかこうなりました。出会い方で、強く印象に残っているのは、4番目にやってきた「森田パグゾウ」です。

 リードを買おうとたまたま入ったペットショップで、1匹だけ明らかに小さい犬がいました。ほかの犬からいじめられていたようでした。耳はかじられてギザギザ、店内はにおいがきつくて劣悪な環境……。放っておけず、「治療代を払うから、引き取らせてくれ」とお願いして、連れて帰りました。

自宅の庭で遊び回る愛犬たち=坂上忍さん提供
自宅の庭で遊び回る愛犬たち=坂上忍さん提供

 責任を持って動物と暮らす以上、「みとり」という悲しい別れを経験することもあります。そんな時、もちろん悲しいのですが、僕は、この子が亡くなったぶん「もう1匹救える」と考えるようにしています。「最期まで飼いきることのできる人」は、犬をきちんと飼える資格を持っているようなもの。ペットロスで苦しむ気持ちもよくわかります。でもそういう人こそ、次に保護犬を迎え、幸せな犬を増やしていってほしいと思います。

フルネームで名前つけると覚悟が生まれる

 ――名付けが独特ですね。

 皆に名字と名前を付け、呼ぶ時は「さん」や「君」付けです。飼い主とペットという関係ではなく、対等な、親と子のような関係でありたいと思っているので。

 フルネームを付けることで「同じ命として尊重する」覚悟が生まれるとも感じています。以前に失敗したように「付き合い方を間違えちゃだめだぞ」と、自分に戒めているんです。

 ――多数のレギュラー番組を抱えるなかで13匹の世話。苦労も多いのでは?

 今日も、日の出とともに起きて犬の散歩に行き、ご飯を食べさせ、それから仕事に来ました。これからすぐに家に帰って、また散歩です。

 でも、犬の世話も含めて「家のことをきちんとできる人間」でなければ、真っ当な仕事をするとかいう以前の問題として、人としてダメだと思うんです。朝起きて、散歩して、それで皆が健康なウンチをしてくれる。それで、「あ、今日も仕事行っていいのかな」という気分になれるんです。

 ――犬たちに合わせて、生活も変えられたとか。

 犬中心ですからね。千葉県に引っ越したのも、犬たちのためです。今の場所に住むようになって、犬にとって土や草がどれだけ大切かを思い知りました。散歩の際の犬のテンションが、東京都内でアスファルトの上を歩く時とは全然違います。

 ほかにも家の中を滑りにくい床にしたり、隣の土地を買ってドッグランにしたり。とにかく、犬にいい環境を追求しています。

動物との暮らしで失敗も すべて隠さず伝える

 ――10月からの新番組では、動物と人間の共生をめざす「どうぶつ王国」作りに取り組んでいます。

 年齢的にも、僕が今以上の頭数を飼うことはできないと思っています。だからこそ、自分の周囲だけではなく、なるべく多くの動物を救えるような環境が作れないかと、番組を通じて考えています。

 動物と暮らすことは簡単じゃありません。実際、失敗も多いです。番組ではそれを隠さずにきちんと見せることで、動物と関わる人間の意識が変えていけたらいいなと思っています。

 時間も労力もお金もたくさんかかると思います。それでも、僕が死んでしまった後も、きちんと「王国」が存在し続ける仕組みを残していきたい。それが今の目標です。

(聞き手・中井なつみ)

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

毎日朝7時にワンコ、夕方16時にニャンコを、sippoのトップページで紹介。
#朝ワンコ夕ニャンコ のハッシュタグをつけて、Instagaramまたはtwitterでペットの写真を投稿してくださいね。

イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!