生きているかのような木彫りの猫 存在感ある彫刻を彫る女性作家

   命が宿っているかのような木彫りの猫たち――。東京や福岡県の相島を中心に、50匹以上の実在の猫をモデルにした彫刻集『はしもとみお 猫を彫る』(辰巳出版)が発売された。背を丸めて座ったり、仲間とくっついたり、ぺろっと舌なめずりしたり。どれも驚くほど存在感があり、魅惑的だ。

(末尾に写真特集があります)

   はしもとさんは大学在学中から猫を追い続け、2014年からは福岡県・相島に通うなど、各地の猫たちを題材としてきた。本書には掌サイズから等身大サイズまで、100点を越える彫刻の写真と、30点余りのデッサンが載っている。

あまえ上手な相島のシナモン (辰巳出版 提供)
あまえ上手な相島のシナモン (辰巳出版 提供)

   はしもとさんにとって猫は、特別な動物のようだ。兵庫から東京の美大に進学して寂しい時に、迎えてくれたのが、大学にいた黒猫の“先輩”だった。毎日、猫先輩と時間をともにし、姿をスケッチして「デッサンや水彩の練習をした」という。猫先輩が死んでしまった時には、大学の片隅で子どものように泣いた。そして、先輩の姿を小さな木彫りで作った。

「猫先輩にもう一度逢いたいという思いから彫りましたが、それが猫と彫刻と私の『はじめまして』でした。猫先輩はクロという名の黒猫で、今も工房の片隅にいます。当時の彫刻は猫に見えないほどへたっぴですが」

彫刻の猫を抱くはしもとみおさん  (辰巳出版 提供)
彫刻の猫を抱くはしもとみおさん  (辰巳出版 提供)

 はしもとさんは、それから多くの猫と向き合ってきた。猫の最大の魅力は「何かを隠しているところ」と話す。

「犬は全てをさらけ出してくれますが、猫は秘密を隠し持っています」

   彫刻の素材には主にクスノキを使い、秘密めいた猫を、一刀、一刀、時間をかけて彫ってきた。

「17年の間に、猫の原寸大のものは100ほど、もっと小さいものを合わせると1000は超えています。完成させるまでの時間は、等身大の猫については取材から構想まで含むと見当がつきません」

   猫に会うため各地を訪れるが、彫刻のもとになる取材も緻密だ。出会った猫の情報は、デッサンとともに、名前や性質などを猫カードに記していく。そのカードも本書で公開されている。

   たとえば、相島の「シナモン」は“なつき度”が『★』5つ、キャラは『シナモンを薄めたようなカフェラテ色のふっくら猫 寒い冬の中、人の後を追って待合室でぬくぬくする知的猫』とある。現場の様子がそのまま浮かんでくるようだ。

   都心の飼い猫「モイ」からは、内面からわき出るような闘志が感じられる。実はモイは、取材時に闘病中だった。

「写実的な水彩のスケッチは、病気で少しきつい表情のモイをそのまま表現しているようでした。」と飼い主の音楽家が教えてくれた。モイはその後奇跡的に復調し、よく似た彫刻がお守りのように家に飾られている。

 はしもとさんの出発点は猫先輩との別れだったが、「彫刻というのは生と向き合っているようで、死とも正面あるいは多角的に向き合っている」と話している。猫の生き様(生死)に対峙し、偽りなく彫るからこそ、迫力があるのだろう。

「はしもとみお 猫を彫る」(1500円+税) 辰巳出版
「はしもとみお 猫を彫る」(1500円+税) 辰巳出版

  本書を企画した辰巳出版の斎藤実さんは、魂のこもった彫刻に惚れ込んだという。

「はしもとさんは様々な動物を彫られますが、猫に絞ることで、どんな風に彫るのか、どんな引き出しを持っているのか、逆に深く理解してもらえるのではないかと思い、“彫刻を見せる本”を考えました。本を手に取ってくださった皆さんが、はしもとさんが彫ってきた一匹一匹の猫への思いを感じつつ、彼らのことを好きになってもらえれば嬉しいです。末尾には、猫たちの名簿もあります」

はしもとみおさんのHP http://kirinsan.awk.jp /Twitter @hashimotomio  / インスタグラム @hashimotomio
『はしもとみお 猫を彫る』
著者:はしもとみお/撮影:森田直樹・中川真理子/発行:辰巳出版/A5 版96頁・オールカラー/定価:1500円+税
藤村かおり
ペットライター。小説等の創作活動を経て90年代後半から、ペットの取材を手掛ける。2011年~2017年週刊朝日記者、2017年からsippoメインライター。丹念な取材と独自の目線から、動物と人の絆、動物と共に生きる人の心をすくい取る記事に定評がある。ペット関連の著書に『長寿猫』『明日にアクセス』など。現在は保護した黒猫、キジ猫と暮らす。

sippoのおすすめ企画

病院が苦手なネコも、健康のために定期的に動物病院で受診しましょう。Instagramで動物病院の写真投稿を募集中!投稿1件につき100円を不幸な猫のために寄付します。

イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!