「今度会うときは友達として」 盲導犬の慰霊式

亡くなった盲導犬たちに献花する利用者ら
亡くなった盲導犬たちに献花する利用者ら

 日本盲導犬協会は8日、静岡県富士宮市人穴の日本盲導犬総合センター(富士ハーネス)など全国4施設で慰霊式を開いた。同センターでは盲導犬の利用者や飼育ボランティアら約120人が、1年間に亡くなった盲導犬ら31頭を悼んだ。

 慰霊式では、黙禱を捧げたり、献花をしたりした。式後は参加者同士で犬たちとの思い出を語り合った。

 富山市の宮口覚さん(67)は、盲導犬ポッキーのおかげで1人では行けない場所に行けるようになり、生活が大きく変わったという。プロ野球観戦に出かけたことや、勤めていた盲学校の避難訓練で誘導してくれたことなどを語り、「たくさんの思い出をありがとう。そしてお疲れ様。今度天国で会うときは盲導犬と利用者としてではなく、友達として会いたいなあ」としのんだ。(佐々木凌)

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。
Follow Us!
sippo編集部おすすめの記事をメールでお届け!
会員登録すると、獣医師への相談など会員限定の
サービスも受けられます。


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。