ロボット犬aiboと本物の犬の間に愛情?! 共同生活を実験

アイボとじゃれるシバイヌ=ソニー提供
アイボとじゃれるシバイヌ=ソニー提供

 犬は犬型ロボットと仲良くなれるのか。犬型ロボ「aibo(アイボ)」を開発したソニーは、犬がアイボと対面したときの様子や、2週間の共同生活を送る様子を、哺乳類動物学者の今泉忠明さんに観察・分析してもらう実験をした。

 実験の第1段階は「初対面」。年齢や犬種が異なる13匹とその飼い主がいる部屋に、アイボを投入し、初めて出会ったときの反応を観察した。13匹中9匹はアイボに近づいてにおいをかぎ、うち6匹がお尻のにおいを確認した。お尻のにおいをかぐのは、犬がどんな相手なのかを知り、コミュニケーションを取ろうとするときの行動だ。一方、アイボを遠巻きにみるだけで近づこうとしない犬も。

 第2段階は「共同生活」。犬を飼う3家庭にアイボを持ち込み、2週間一緒に暮らして変化をみた。トイ・プードル(オス、6カ月)の家では、初日はアイボを少し警戒していたが、飼い主がアイボにお座りなどの指示をすると、トイ・プードルもすぐにやってきて隣でお座りした。8日目にはおなかをみせてじゃれていた。ジャック・ラッセル・テリア(オス、3歳)の家では最終日、「もうお別れだよ」と伝えると、顔や背中、お尻までぺろぺろなめ、別れを惜しんでいるかのような様子をみせた。

 今泉さんは、犬がアイボに対して仲間意識や気遣うそぶりを見せたことで、「犬がアイボを『生き物』として認識した」とみる。「アイボとの共生で犬に思いやりに近しい感情が育まれ、犬の成長につながる可能性を感じることができた」と実験を総括した。

(篠健一郎)

【関連記事】
ソニーさん、つれないよ…「旧型アイボ、捨てられない」
イヌ型ロボット「アイボ」復活、あきらめなかった技術者たち

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

参加者募集! ペットロスが心配な方へ、今から学ぶグリーフケア

ペットを病気にしない過ごし方や、ペットロスを乗り越えるために必要な飼い主の心構えなどを学びます。ペットが生きているうちからグリーフケアを学び、幸せなペットライフを送りましょう!

イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!