超リアルな猫マンガ「俺、つしま」 猫は実在、ネタも実話?

こたつで寛ぐ「つしま」と「おじいちゃん」(おぷうのきょうだい提供)
こたつで寛ぐ「つしま」と「おじいちゃん」(おぷうのきょうだい提供)

 ツイッターで大人気の猫マンガ「俺、つしま」が書籍化され、小学館から発売された。人気の猫マンガは数多いが、「俺、つしま」に登場する猫たちは、表情、しぐさ、毛の質感にいたるまで、とにかくリアル。猫と飼い主の心情をさらりと描き、両者の間に絶妙な距離感も保っている。作者の「おぷうのきょうだい」の妹さんに取材した。

(末尾にモデルになった猫たちの写真特集があります)

モデルは実在の保護猫たち

「俺、つしま」は、大きな顔のキジトラ猫の主人公「つしま」が語る形で展開する。飼い主はお米のような顔をしたおじいちゃんで、一緒に飼われている他の猫たちも登場し、日常風景を描いている。いずれも実在の保護猫たちがモデルだという。

 作者は、兄妹ユニットの「おぷうのきょうだい」。兄が絵を、妹が文章を担当している。もともと猫ブログで書いていたが、2017年7月、心機一転してツイッターで配信を開始。最初は1コマだったが、思いのほか評判を呼び、コマ数を増やしていった。数日に1回更新し、1年たたずして、フォローワー数は約5万3000人まで達したという。

『俺、つしま』から(小学館提供)
『俺、つしま』から(小学館提供)

いつしか居着いた「つしま」

――「つしま」はもともと野良猫で、ゴミをあさりに現れ、エサをあげるうちに居着くようになったそうですね。

「毛もボサボサで、お腹が空いているのは一目瞭然でした。『よかったらウチにおいで』と声をかけたら、やってきました。家猫にしたいというより、とにかくお腹をいっぱいにしてあげたいと思って。つーさんは数日に一度、顔を出すようになり、まったく来ない時期もあれば、毎日にように来るときもありました。家の中の好きな場所で寝ていくようになり、甘えるようになって、だんだん出かけなくなりました」

――猫のリアルな表情やしぐさを描く秘訣は?

「兄には私のブログでずっと描いてもらってきたので、もう十数年は猫を描いていますが、秘訣は『とくにない』と言っています。見たまんまを描いているそうです。ボールペンや色鉛筆、ときに水彩絵の具を使い、ほとんど手書きです」

『俺、つしま』
『俺、つしま』

ネタは猫が授けてくれる

――おじいちゃんのモデルは、実は妹さんとか。

「私の顔が『お米に似ている』と高校生ぐらいのときに言われました。それで私自身が、お米風の自画像をトレードマークとして描いていました。それが進化したのが、兄の描く今の『おじいちゃん』です。猫は可愛いので丁寧に描きたくなるけど、人間は別にどうでもいいので、できるだけさっと描けることを追求した結果、こんな風になったようです」

――単にカワイイだけでなく、ちょっとニヒルなストーリーも秀逸だと思います。

「猫の対応がクールなので、そう見えるのかもしれません。今回、本に描き下ろした長編にはストーリー的なものがありますが、あとはストーリーというほどのものはなく、現実にあったことをそのままネタにしています。ネタは猫が授けてくれます。毎日、面白いことや、楽しいこと、愛しいことばかりが起こります」

『俺、つしま』

著者:おぷうのきょうだい
発行:小学館
価格:1000円+税
体裁:B6版176ページ

sippo
sippo編集部が独自取材した記事など、オリジナルの記事です。
イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!