「雪丸ポスト」に投かんすると12年後のイヌ年に配達するワン!

14日に披露される「雪丸メッセージポスト」=王寺町観光協会
14日に披露される「雪丸メッセージポスト」=王寺町観光協会

 奈良県王寺町のマスコットキャラクター「雪丸」をモチーフにした「雪丸メッセージポスト」が完成した。町観光協会が戌(いぬ)年にちなみ作った。手紙を書いて投函(とうかん)すると、12年後の戌年に配達される仕組み。14日に町内である「達磨会式(だるまえしき)」で披露される。

 雪丸は聖徳太子の愛犬とされ、雪丸メッセージポストは高さ70センチの陶器製。口から手紙を投函するようにできている。利用者は500円で専用の便箋(びんせん)、封筒、ボールペンを購入し、12年後の自分や渡したい人へ向けて手紙を書く。町観光協会が保管する。

 「達磨会式」は14日午前10時、同町本町2丁目の達磨寺で。法要のほか、保育園児の稚児行列などがある。便箋や封筒は境内の販売ブースで購入出来る。

 達磨会式が終われば、町地域交流センター(リーベル王寺東館5階)の窓口で12月末まで購入でき、投函もその場でできる。問い合わせは町観光協会(0745・33・6668)。

(松永和彦)

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。
Follow Us!
sippo編集部おすすめの記事をメールでお届け!
会員登録すると、獣医師への相談など会員限定の
サービスも受けられます。


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。