藤原智貴さん43歳 介助犬とサーフィン 両方の魅力を伝えたい

藤原智貴さん=岡山市
藤原智貴さん=岡山市

■「二つの顔」で認知願う

 昨年11~12月、米カリフォルニア州で開かれた障害者サーフィンの世界大会で部門別の4位に入賞した。

 障害がなかった25歳の時、職場の同僚に誘われ、鳥取県の海で初めてサーフボードに乗った。「行く前は波に乗っている姿しか想像してなかった。でも実際は立つまでが大変だった」。すんなり立てなかったことが悔しくて、のめり込んだ。

 休日になると海に通った。3年後に大会に出場。「大会でしか味わえない緊張感というか、アドレナリンが出る感じがすごい好きなんですよね」。アマチュアの大会からプロも参加する大会まで20以上の大会に出場した。

 鳥取県の海でサーフィンの練習をしていた34歳のある日。ボードから転落、海底で頭を打った。友人が気づいて引き上げ、病院へ。体はしびれ、呼吸も苦しかった。「頸髄(けいずい)損傷」だった。手術で一命を取り留めたが、医師からは「一生寝たきりかもしれません」と告げられた。

 入院しながら「いつ海に戻れるんだろう」と考えたが、もう歩けるようにはならないことに気づき、サーフィンも諦めつつあった。そんな時、動画サイトで車いす生活を送りながらサーフィンをしている米国人の選手を見つけた。「こうやってやるんだっていういい見本でした」

 でも、「家族に心配をかけてしまう。やりたいって言っちゃいけないなと思ってました」。友人の1人が「やろうよ」と何度も誘ってくれた。背中を押される形で、退院した1年後、海に戻った。

 障害者サーフィンの世界大会で4位になったが「次は優勝を目指したい」と意欲を語る。「この体だとちょっと頑張ったら、すごいと言ってもらえる。大会を見た人が感動して泣いてくれる。影響力の大きさに可能性を感じます」

 昨年2月、ラブラドルレトリバーの介助犬ダイキチ(オス、3歳)と生活を共にするようになった。県内初の介助犬ペアとして小学校などを訪れ、介助犬について紹介している。いつも一緒のダイキチについて「人に頼むと遠慮があるけど、ダイキチなら何回お願いしてもしっぽを振ってやってくれる。一緒にいて楽しいです」と語る。

 サーファーとしての自分と県内初の介助犬ペアとしての自分。二つの顔が相乗効果を生んでいると感じている。

「僕がサーフィンで活躍すればダイキチという介助犬を知ってもらえる。介助犬ペアとして活動すれば、サーフィンを知ってもらえる。どっちもたくさんの人に知ってほしい」と願いを込める。

 必要な人に介助犬が届くこと、障害者サーフィンがパラリンピックの正式種目になること。そんな目標を胸に、これからもダイキチと一緒に海へ出かける。

(本間ほのみ)

ふじわら・ともき
1974年6月、倉敷市生まれ。倉敷工業高校では卓球部だった。現在、岡山市と倉敷市で居酒屋を経営している。家族は妻と小学5年の息子と3年の娘。動物好きで小さいころは犬や猫、鳥、モルモットを自宅で飼っていた。スポーツ全般が好き。サーフィンだけでなく、スノーボードに挑戦したいという。


<関連記事>
◆介助犬ダイキチと暮らす藤原さん 障害者サーフィンで世界4位
◆すごいね、介助犬ダイキチ 車いすの男性と小学校で「実演」

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

参加者募集! ペットロスが心配な方へ、今から学ぶグリーフケア

ペットを病気にしない過ごし方や、ペットロスを乗り越えるために必要な飼い主の心構えなどを学びます。ペットが生きているうちからグリーフケアを学び、幸せなペットライフを送りましょう!

イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。