奄美大島の生態系を守るためノネコを捕獲して一時収容へ

アマミノクロウサギをくわえるノネコ=2008年6月、奄美大島、環境省奄美野生生物保護センター提供
アマミノクロウサギをくわえるノネコ=2008年6月、奄美大島、環境省奄美野生生物保護センター提供

 奄美大島の希少動物を襲う野生化した猫(ノネコ)の管理計画案を環境省と県、島内5市町村が策定した。山中の猫を捕獲し、1週間ほど譲渡先を探しながら一時飼育。引き受け手がなければ安楽死させる内容。2月20日から各役場の窓口やウェブサイトで公開し、地元住民の意見を2週間募った上で計画を決定、新年度から捕獲を始める。


 計画期間は今年4月から10年間。環境省が年間300~360匹を目標に捕獲して効果も調べ、5市町村で作る「奄美大島ねこ対策協議会」が一時収容施設での飼育や譲渡、安楽死などの運営を担う。施設は奄美市の旧大島工業高の建物(鉄筋2階建て)を改修する予定で、一度に収容できるのは最大50匹。捕獲した猫は健康状態を検査するなどした後、希望者への譲渡に努め、引き受け手がいない場合は薬剤注射で安楽死させる。首輪など飼い猫の可能性がある場合は、5市町村の役場の掲示板に写真や特徴などを公示する。捕獲と同時にノネコのもとになる野良猫を減らす取り組みも引き続き進める。

 

徳之島で先行実施されている山中にいるネコの捕獲用ワナ=2015年6月
徳之島で先行実施されている山中にいるネコの捕獲用ワナ=2015年6月


 奄美大島では、猫のかみ跡がある死骸や猫のふんの分析、自動撮影カメラによる映像などから、国の特別天然記念物アマミノクロウサギやケナガネズミなどが襲われる被害が判明。希少動物の生息域にいるノネコを捕獲する必要性が指摘され、同省などは自然保護関係者や猫の愛護団体などの意見を聴きながら、計画策定の準備を進めてきた。徳之島では2014年12月から、同省がノネコの捕獲を進めている。


 東京・小笠原諸島では希少鳥を襲うノネコを捕獲して愛猫家に飼ってもらう事業が続くが、奄美大島のノネコの推定生息数は600~1200匹と格段に多く、捕獲個体を全て譲渡するのは難しいと判断した。


 島の哺乳類に詳しい森林総合研究所の山田文雄特任研究員は「(安楽死には)批判もあるだろうが、山のノネコを捕獲しないと、島の希少種が絶滅する」と指摘。同省などは「島の生態系を守るために協力をおねがいしたい」としている。


(外尾誠)

 

朝日新聞
朝日新聞社の媒体に掲載されたおすすめの記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

よくある猫の嘔吐。しっかり学んで、受診の判断を見極めよう

「まなびばsippo」では、わかりやすいオンライン講義で、嘔吐など、猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。たくさんの講義が見放題で、毎月のライブで質問もできる月額会員がオススメ。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。