高野山の案内犬「ゴン」石像、金のおしゃれ

金色の装飾がついた「高野山案内犬ゴンの碑」
金色の装飾がついた「高野山案内犬ゴンの碑」

 高野山への町石道の出発点にある世界遺産の慈尊院(九度山町)で、かつて参詣(さんけい)者の道案内をしていた犬のゴンの石像が、金色の羽織と金色の背景の板で飾られている。


 寺によると、ゴンは1980年代後半から慈尊院あたりに住み着いた元野良犬で、参詣者の道案内をするように慈尊院から高野山上まで通い、「お大師さんの犬」などと親しまれたが、2002年に息を引き取った。その後、「高野山案内犬ゴンの碑」が境内の弘法大師像の横に建てられた。


 今年が戌(いぬ)年ということで金色の飾りを付けることになったといい、安念清邦住職は、これからも訪れる人にゴンの話をし続けていきたい、としている。


(鈴木芳美)

朝日新聞
朝日新聞の媒体に掲載されたおすすめの記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

sippoの投稿企画リニューアル! あなたとペットのストーリー教えてください

「sippoストーリー」は、みなさまの投稿でつくるコーナーです。飼い主さんだけが知っている、ペットとのとっておきのストーリーを、かわいい写真とともにご紹介します!

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。