神社の「ご神犬」すずひめ号、世界遺産PRにがんばるワン!

丹生都比売(にうつひめ)神社のご神犬「すずひめ号」=和歌山県かつらぎ町上天野
丹生都比売(にうつひめ)神社のご神犬「すずひめ号」=和歌山県かつらぎ町上天野

 世界遺産のご神犬のお出ましだワン――。高野山とゆかりが深い世界遺産丹生都比売(にうつひめ)神社(和歌山県かつらぎ町)に、紀州犬「すずひめ号」(生後11カ月・メス)が、「ご神犬」として奉献された。2018年の干支(えと)、戌(いぬ)年にちなみ、毎月16日の祭礼日に同神社に参拝し、神社のシンボルとして世界遺産のPRをする。

 

(末尾に写真特集があります)

 

 すずひめ号は、紀州犬愛好家で日本犬保存会会員の豊岡由行さん(42)=橋本市=が飼育。ご神犬となってからも豊岡さんのもとで暮らしつつ、毎月16日の祭礼日などに神前に参拝する。


 12月16日に同神社であったご神犬の奉献奉告祭では、すずひめ号は首に鈴を着けて登場。大役が不安なのか、時折「クゥーン」と鳴いたが、写真撮影には胸を張って応じた。


 同神社と犬と高野山の関わりは、高野山の成り立ちに関する高野山開創縁起などに示されている。「弘法大師は白黒2頭の犬によって高野山に導かれた」とあり、その2匹を連れて大師の前に現れたのが、同神社の御祭神、高野御子大神(たかのみこのおおかみ)という。丹生晃市宮司は「犬から始まった結びつきが知られていないのはもったいない。ご神犬が、神社と高野山の縁を知ってもらう入り口になれば」と話す。


 すずひめ号に会える時間は、1月16日は午前10時~正午と午後1~3時。その後の公開時間は同神社のサイトで案内する予定。

 

 

■「お大師さんの犬」実在した 案内続けた「ゴン」

高野山の案内犬として多くの参拝者らに愛されたゴン=慈尊院提供
高野山の案内犬として多くの参拝者らに愛されたゴン=慈尊院提供

 高野山と古くから縁が深い犬。実際に「弘法大師の案内犬」と呼ばれた犬も実在した。


 昭和の終わりの1980年代後半から、高野山につながる参道「町石道」の登り口の慈尊院(九度山町)辺りに住み着いていた白色の元野良犬(オス)。「ゴン」と呼ばれ、2002年に死んだが、寺には「高野山案内犬ゴンの碑」と書かれた碑が残る。


 生前、ゴンは誰に教わったわけでもないのに、町石道(約24キロ)を歩くお遍路など参拝者に約5年間、道案内を続け、「お大師さんの犬」と親しまれた。後にゴンの飼い主となった同院の安念清邦住職によると、高野山への道中は参拝者の足に合わせて7、8時間かけて歩き、送り届けた帰り道は、木々の間をすり抜けて素早く寺に戻ったという。


「ゴンに案内された」という参拝者から手紙や写真が寺に届くようになり、ゴンが案内していることを知ったという住職。手紙のあて名に「神犬ゴン」と書かれていることもあった。


 ゴンの碑は、弘法大師像と並んで建てられ、今も参拝者が絶えない。住職は「来年は戌年やから、ゴンに金の羽織でも着せてやりたい」と話す。


(土井恵里奈)

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

参加者募集! ペットロスが心配な方へ、今から学ぶグリーフケア

ペットを病気にしない過ごし方や、ペットロスを乗り越えるために必要な飼い主の心構えなどを学びます。ペットが生きているうちからグリーフケアを学び、幸せなペットライフを送りましょう!

イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。